「カラー原稿は2.8万円から」漫画家から驚きの声相次ぐ…ジャンプ編集部が“連載経験者向け“説明会を開催

アイキャッチ画像

集英社は1日、他雑誌連載経験者を対象とした「週刊少年ジャンプ」の連載・掲載説明会を実施すると発表した。集英社での対面形式は11月23日(木)・12月2日(土)、オンライン(Zoom)形式は12月3日(日)の計3回を予定している。

同日公開された説明会公式サイトによると、週刊少年ジャンプは、新人漫画賞や持ち込み企画から始まる“新人作家による漫画”で多数の名作を生み出す一方、『アオのハコ』三浦糀先生や『Dr.STONE』Boichi先生、『約束のネバーランド』出水ぽすか先生、『ぼくたちは勉強ができない』筒井大志先生などの、豊富なバックボーンを持つ作家の支えも大きい漫画雑誌でもあると説明。近年では他雑誌の作家からもジャンプに対する連載や掲載の問い合わせが増加しているといい、この度「プロ作家向け」に限定した説明会兼相談会の開催を企画したという。

説明会当日は参加者からの質問に1対1で答えるとともに、新作の読切作品・連載作品のプロットを新たに作成した上で掲載に向けた具体的な相談を行える。開催に際し、ジャンプ編集部は「新人のみならず、様々な作家さんの「次代の新しい作品」をご一緒できる雑誌である為に是非お話しさせていただければ幸いです。」とのコメントも寄せていた。

そして、説明会の公式サイトでは連載に伴う原稿料が掲載されており、新人作家は「モノクロの場合は18,700円(税込)/ページ以上」「カラーの場合は28,050円(税込)/ページ以上」と詳細な額面が明かされていた。本説明会はジャンプ編集部の公式Xアカウント(@jump_henshubu)でも告知されており、原稿料を含む応募詳細が明記されたポスト(旧:ツイート)は特に大きな反響を得ている。

同ポストの引用リポストやリプライでは、説明会の対象者であるプロ作家からは「原稿料高い!」「流石ジャンプ」などの反応がで寄せられたほか、週刊漫画誌の金字塔とも言えるジャンプが額面を公に明示したことに触れつつ「果たして他雑誌は追随できるか…」と注目するユーザーも多く見受けられた。

他誌連載経験作家向け説明・相談会 公式サイト