Meta Quest 2が新型発表でお安く、47,300円から。アプデで性能も大幅向上

アイキャッチ画像

米・Meta社は日本時間の1日深夜、自社の新たな一体型VRヘッドマウントディスプレイ「Meta Quest 3」の投入を発表した。低価格と高性能を兼ね備えるMeta(旧Oculus)の「Quest」シリーズから数年ぶりに投入される最新モデルなだけあって多くのVR愛好家から注目を集める「Quest 3」は前モデルに比べ性能が2倍にアップグレードするなど、コスパ優良方面は継続している。

Meta、新型VRヘッドセット「Quest 3」を発表–7万4800円で秋に発売へ(DNET Japan)

なお「Quest 3」のより細かな詳細は今秋に開催する「Meta Connect」でさらなる詳細をお伝えする予定となっているが、ここでVR愛好家以外の方にも朗報が。新型の発売に合わせて前モデルの「Quest 2」の値下げが6月4日から行われる。

価格は128GBモデルは47,300円(税込)・256GBモデルは53,900円(税込)になるとのこと。また、ただ安くなるだけでなく、今後のソフトウェア・アップデートで、Meta Quest 2とMeta Quest ProのGPUとCPUのアップデートを実施することも明らかになっており、CPUのパフォーマンスが最大26%向上し、GPUが最大19%向上する予定だという。