カバー、総工費27億円の新スタジオ設立。3桁万円超えのモーキャプを200台、テニスコート10面以上と最大規模


アイキャッチ画像

ホロライブプロダクションなどを運営するカバー株式会社は11日、同社の新たな施設として新スタジオの設立を発表した。

新スタジオは「つくろう。世界が愛するカルチャーを。」という企業ミッションに沿って約1年半にわたり総工費27億円を投資して設立されたたいう。スタジオでは最新鋭のモーションキャプチャー設備を構えるほか、レコーディング設備も併設されており、従来のコンテンツの開発スピードや制作自由度を向上させるだけでなく、より緻密な表現や高品質なコンテンツ制作に昇華させることが可能となっているという。

設備については、モーションキャプチャースタジオ、クロマキースタジオ、レコーディングスタジオなどが用意されているそうで、スタジオ全体の面積としては、テニスコート約10面以上となっており、国内最大級の規模を誇っている。

また、新設されたモーションキャプチャースタジオは、最新のVICONカメラであるVALKYRIE(VK-26)をスタジオ全体で200台以上設置しており、キャプチャー精度の向上の他、繊細なモーションが撮影できるという。噂によるとこのカメラは1台あたりの単価が600〜900万円とのことで、今回の設備投資への本気度がうかがえるだろう。

ほかにもスタジオにはレコーディングスタジオが併設されており、音楽業界標準の機器を使うことでスタジオ内でのCD音源やボイス収録などが可能だという。

その他、スタジオの詳細につきましては、公式noteを参照とのこと。

■ カバー株式会社 公式note: https://note.com/cover_corp/