新発売:新作ゲームを”ゲーム特化”4Kテレビで堪能!TCL製4Kテレビ3モデルが7万円から


アイキャッチ画像

TCL JAPANからゲームに特化した4K UHDテレビ(全3シリーズ12機種)が新登場。価格は7万円からでGoogle TVを搭載した廉価モデルとゲームモードが搭載した2モデルがラインナップ、5月18日より先行予約開始。

上位機種の「C84シリーズ」ではMini LEDライトの個数を増加させ、明るさを4倍に向上したことでより色鮮やかな映像表示を実現。ゲームマスターと称した「4K 144Hz VRR」機能も搭載されており、144Hzのリフレッシュレートと0/8msの応答速度によりゲームに適した映像体験が期待される。

C84シリーズ

また、全モデルにはTCLが自社開発した最先端エンジン「Algo Engine」が搭載されており、AIと画質解析のアルゴリズムを取り入れ、放送とネット配信映像を適切に解析してから映像処理が行われるという。

約7万円からの廉価モデル「P745」シリーズにはOSにAndroidTVを採用、「Google TV」サービスを利用することでYouTube、Amazonプライムビデオ、Netflix、Hulu、Disney+、Apple TV+、U-NEXTなど豊富なネット動画サービスに対応しゲーム以外の機能も充実している。

P74シリーズ

製品情報

シリーズ名:C845
製番/価格(税込):55C845/20万円前後
製番/価格(税込):65C845/30万円前後
画素数:3840×2160(4K UHD)
主な機能:4K Mini LED/Quantum Dots・高輝度・倍速120Hz/VRR 144Hz/DLG 240Hz・AlgoエンジンMaxII AIオート高画質・FreeSync Premium Pro/ゲームマスター/ゲームアクセラレーター
発売予定:2023年5月18日(木)以降順次発売

シリーズ名:C645
製番/価格(税込):43C645/8万円前後
製番/価格(税込):50C645/9万円前後
製番/価格(税込):55C645/10万円前後
製番/価格(税込):65C645/12万円前後
製番/価格(税込):75C645/17万円前後
画素数:3840×2160(4K UHD)
主な機能:4K Quantum Dots・高輝度・AlgoエンジンII・ゲームアクセラレーター(DLG 120Hz サイズ75/65/55対応)・FreeSync ゲームの倍速・オート機能
発売予定:2023年5月18日(木)以降順次発売

シリーズ名:P745
製番/価格(税込):43P745/7万円前後
製番/価格(税込):50P745/8万円前後
製番/価格(税込):55P745/9万円前後
製番/価格(税込):65P745/11万円前後
製番/価格(税込):75P745/15万円前後
画素数:3840×2160(4K UHD)
主な機能:広色域・AlgoエンジンII・ゲームアクセラレーター(DLG 120Hz サイズ75/65/55対応)・Google TV
発売予定:2023年5月18日(木)以降順次発売

https://www.tcl.com/jp/ja/tvs?4k-mini-led-tv