当サイトの特徴と独自コラボ記事はこちら

「コマンドウィンドウをここで開く(W)」を復活させる方法

PC・モバイル
この記事は約4分で読めます。

皆さんこんばんわ~

今回は自分用のメモとしてWindowsのエクスプローラーで右クリック+SHIFTで「コマンドウィンドウをここで開く」が使えてて便利だったのですがWindowsUpdateのせいで「Windows PowerShellで開く」になってしまいました。

PowerShellはユニバーサルアプリも操作できる便利ものなのですがとにかく動作が遅い!ってことで今回は「コマンドウィンドウをここで開く(W)」を復活させてみました!

復活方法

かんたんに設定メニューから復活できるわけではありません。

レジストリ情報を編集して変更します。

レジストリ情報を編集するため操作を誤るとWindowsが壊れる可能性があります。手順は慎重に行ってください。また、著者は生じた損害に対し、一切の責任を負いかねます。予めご了承ください。
と言っても単純に.regファイルを実行するだけです。
以下からダウンロードしてください。
open_cmd_here_with_admin(圧縮ZIP形式)
解凍して「open_cmd_here_with_admin.reg」を実行してください。
警告文が出ますが無視します。
これで以上です。
これでコマンドウィンドウをここで開くが表示されるちょうになります。

下が管理者モードで開くやつ。英語なのは文字化けしてたから。

何を押しますが本当に自己責任でお願いします!

レジストリファイルの内容

表示をカスタマイズしたい場合は↓を一部変更してください。

※表示を日本語にしたい場合は文字エンコードに注意してください

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Directory\Background\shell]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Directory\Background\shell\cmd]
"HideBasedOnVelocityId"=dword:00000000
"ShowBasedOnVelocityId"=dword:00639bc8

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Directory\Background\shell\runas]
@="Open command window here (administrator)(&A)"
"Extended"=""
"NoWorkingDirectory"=""

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Directory\Background\shell\runas\command]
@="cmd.exe /s /k pushd \"%V\""

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Drive]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Drive\shell]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Drive\shell\cmd]
"HideBasedOnVelocityId"=dword:00000000
"ShowBasedOnVelocityId"=dword:00639bc8

HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Drive\shell\runas]
@="コマンド ウィンドウをここで開く(管理者)(&A)"
"Extended"=""
"NoWorkingDirectory"=""

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Drive\shell\runas\command]
@="cmd.exe /s /k pushd \"%V\""

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Directory\Background\shell]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Directory\Background\shell\cmd]
"HideBasedOnVelocityId"=dword:00000000
"ShowBasedOnVelocityId"=dword:00639bc8

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Directory\Background\shell\runas]
@="コマンド ウィンドウをここで開く(管理者)(&A)"
"Extended"=""
"NoWorkingDirectory"=""

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Directory\Background\shell\runas\command]
@="cmd.exe /s /k pushd \"%V\""

コメント

タイトルとURLをコピーしました