2022年のネット流行語大賞は「ウタ」に決定! SPY×FAMILYやリコリコ、ELDEN RINGなども(コメント全文)


アイキャッチ画像

[GDC_row]
[GDC_column size=”half”]

12月12日19時より「ネット流行語100」年間大賞2022の表彰式がニコニコ生放送にて配信され、年間大賞には「ONEPIECE FILM RED」が、ニコニコ賞には『ずんだもん』が、pixiv賞には『SPY×FAMILY』がそれぞれ選出された。

[/GDC_column]
[GDC_column size=”half”]

[/GDC_column]
[/GDC_row]

併せてネット流行語大賞にランクインした単語にまつわる関係者が表彰式にて登壇し、少年ジャンプ編集部やフロム・ソフトウェア、アニメーション監督などからのコメントも紹介された。

 

ONEPIECE FILM REDが大賞に

「ネット流行語100」とは、2018年にスタートし、今年で5回目の開催となる「ニコニコ大百科」「ピクシブ百科事典」の各単語ページにおけるアクセス数の昨年比の差分にもとづき、今年ネットで最も流行った単語を選出するというもの。11月末には100単語がノミネートされ、ユーザによる一般投票を経て、本日放送された表彰式では100単語をランキング形式で発表された。

見事年間大賞に輝いたのは今年8月に公開された劇場版『ONE PIECE FILM RED』に登場するキャラクター「ウタ」に。“世界の歌姫”として名を馳せる彼女は主人公ルフィの幼馴染であり、四皇・赤髪のシャンクスの娘として登場。歌唱キャスティングに歌い手・Adoを起用したことも大きな話題を呼び、今年の音楽界でも一大ムーブメントを巻き起こした。

[GDC_row]
[GDC_column size=”half”]
[/GDC_column]
[GDC_column size=”half”]

髙野健さん(集英社 週刊少年ジャンプ編集部 「ONE PIECE」原作メディア担当)

[/GDC_column]
[/GDC_row]

 

また、第3位には主人公である『モンキー・D・ルフィ』が選ばれ、漫画連載も最終章に入り盛り上がり続ける「ONE PIECE」が2022年を席巻したことを証明する結果になった。第2位には、本年初頭より話題を誘ったマンガ作品『タコピーの原罪』がランクイン。第4位にはスーパー戦隊シリーズの王道を覆す斬新な展開で人気を集める『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』が選ばれた。

ニコニコユーザーによるアンケートで選ばれるニコニコ賞には『ずんだもん』が選出された。『ずんだもん』は、東北6県全体を盛り上げるSSS合同会社によるイメージキャラクター「東北ずん子」の武器に変身する、ずんだ餅の妖精。

昨年と比較してpixivへの投稿数が増えたタグ(単語)が対象となるpixiv賞には『SPY×FAMILY』が選ばれた。
『SPY×FAMILY』は、遠藤達哉氏が「少年ジャンプ+」にて2019年より連載しているアクションコメディマンガで、2022年11月時点のシリーズ累計発行部数は2700万部を突破し、アニメも大人気の本年を代表する作品の一つ。

受賞コメント

以降、9名の受賞者コメントが届いているので全文ママにて紹介する。

【大賞】『ウタ(ONE PIECE FILM RED)』/集英社 週刊少年ジャンプ編集部「ONE PIECE」原作メディア担当・髙野健氏-

このたびは「ネット流行語大賞100 2022」にて『ウタ』が1位を受賞したとのこと、誠にありがとうございます。
またモンキー・D・ルフィ、ONE PIECE FILM REDの入賞につきましても、重ねてお礼申し上げます。
日頃よりONE PIECEを応援してくださっている読者の皆様、視聴者の皆様のご声援あってこその受賞と感じております。
尾田先生からはじまり、製作委員会チーム、声優の皆様、Ado様をはじめとするアーティストの皆様の
お力添えあって生まれたこのキャラクターが、日本中で愛されていることを心から嬉しく思います。
これからもONE PIECEが皆様に愛していただける作品であり続けるよう、チーム一同一層気を引き締めてまいります。

【pixiv賞】『SPY×FAMILY』/「SPY×FAMILY」担当編集・林士平氏-

今回はなんと、pixiv賞を受賞させていただいたと伺いました。ありがとうございます。
今年は12月17・18日で、毎年やっている「ジャンプフェスタ」というイベントを開催します。
そこで「SPY×FAMILY」についても色々と新しい告知がありますので、ぜひこちらも楽しみにしていただきたいです。
漫画は少年ジャンプ+にて隔週月曜日に配信してます。「流行っているが中身を知らないぞ」という方はぜひ、
初回全話無料なので、一話から一気に最新話まで読んでいただいて、隔週月曜日の連載を楽しんでいただければ幸いです。
引き続き「SPY×FAMILY」をいろいろな形で皆さんに楽しんでいただけたら嬉しいです。何卒よろしくお願いします。

【第2位】『タコピーの原罪』/作者・タイザン5氏-

この度は『ネット流行語100』第2位をいただき誠にありがとうございます。
ひとえに作品に関わっていただいたみなさま、お読みいただいたみなさまのおかげです。
本当にありがとうございます…!

【第5位】『ヨル・フォージャー』
【第10位】『アーニャ・フォージャー』/「SPY×FAMILY」担当編集・林士平氏-

10位にアーニャ・フォージャー、5位にヨル・フォージャーを選んでいただき、ありがとうございます。
アーニャは漫画の時からかわいいと思っていたのですが、アニメで種﨑さんの声がついて、
アニメチームがかわいい動きを加えてくれて、「動くアーニャってこんなにかわいいんだ!
なんだこのキャラは!」と、担当ながら思ってしまいました。
ヨルさんも声優発表の時に「解釈一致」という言葉がトレンド入りするくらい、
原作サイドとお客様サイドのキャラクターイメージが一致していたことをとても嬉しく思っています。
多くの方が2人について調べてくださり、今回の順位に繋がったと感じています。
今年だけじゃなくて来年も再来年も、フォージャー家を愛して、楽しんでいただけたら嬉しいです。

【第6位】『デリシャスパーティ♡プリキュア』/シリーズディレクター・深澤敏則氏-

デパプリファンの皆さん、おめでとうございます! この賞は皆さんの応援に対する賞だと思います。
そして、シリーズとして19年間紡いできたものがあるからこそです。
いつも支えていただき本当にありがとうございます。

【第12位】『リコリス・リコイル』/監督・足立慎吾氏-

ささやかながら、人々の口の端にのぼる作品になれたのはとても嬉しい事です。
ONAIRが始まり、ネット上で大きな反響を頂く事は、制作スタッフの頑張る力になっていました。
ありがとうございます。初めは私達の中だけにいた千束たちが、
こうして多くの人の心の中にも届いた事はオリジナルアニメを制作する全ての者の励みになると思います。
来年もまだまだリコリコをよろしくお願いします。

【第13位】『ELDEN RING』/フロム・ソフトウェア-

この度は「ELDEN RING」を選考いただき誠にありがとうございます。
たくさんの皆様にプレイしていただきとても感謝しております。改めてお礼を申し上げます。

【第17位】『マキマ』/「チェンソーマン」担当編集・林士平氏-

マキマさんが17位に選ばれたという事で、大変光栄に思います。
選んでいただいたみなさん、本当にありがとうございます。チェンソーマンは今、第二部が絶賛連載中です。
毎週火曜日の深夜、アニメの放送時間と漫画の更新時間がたまたま全く同時刻で、
担当編集としては「なぜちょっとでもズレなかったんだろう」と思いながらも、
もしかしたら両方いっぺんに楽しんでねという、そういう運命なのかなと思っています。
皆さんどっちから見ようかなと迷子だと思いますが、
漫画とアニメどっちから見ても全然かまわないので、ぜひ両方楽しんでいただけたらと思います。

【第18位】『壱百満天原サロメ』/壱百満天原サロメ-

わたくし壱百満天原サロメが18位にランクインしたという事でまーたいへん、うれしく、光栄に思っておりますの!
わたくしインターネットで生まれインターネットで生きてきたような女でございますから、
このような場所にわたくしが名前を連ねていることがとってもうれしいですわー! 皆様応援ありがとうございます。
今年一年、正直申し上げるとほんとにね、意味分からない一年でございましたー!
皆様も思っておられると思うんですけども、ですが壱百満天原サロメとして、
皆様方とこうしてインターネットで出会えて本当に良かったなーと思っております。
一歩踏み出して本当によかったなと、深く深くかみしめておりますわ。
では来年も、このように意味の分からない一年をお送りいたしますわよー!
今後とも応援よろしくお願いいたしますわ!

「ネット流行語100」特設サイト