【23社決定版】JPドメイン最安値ランキング=最安360円&更新料に要注意

【23社決定版】JPドメイン最安値ランキング=最安360円&更新料に要注意

安くなりにくい「JPドメイン」が本当に安く、そして利便性に富むレジストラは一体何なのか?
有名レジストラからマイナーレジストラまで全20社の各種価格を徹底調査。表形式で簡潔にご紹介する。

JPドメインとは

価格表の前にんJPドメインとは一体何か。特徴を3行で簡潔に示した。

日本国内に住所をもつ個人・団体が登録できるドメインです
・信頼性を比較的獲得しやすいのが特徴
基本的に激安で投げ売りされることが少なく、更新料は平均3,700円程度

本記事にて紹介するJPドメインとはいわゆる「ローマ字.jp」ドメインを指し、.co.jp等の属性ドメインや日本語.jpドメイン・地域型ドメインではないので御注意ください。また、レジストラとはドメインの登録を行う(代行)業者の総称。

全23社のJPドメイン価格一覧表

レジストラ 登録料(初年度) 更新料 移管(転入)料 備考 運営会社
お名前.com 330 3091 3124 1人3個限り GMOインターネット株式会社
VALUE-DOMAIN 1850 3124 3124
Xserverドメイン 350 3102 3102 エックスサーバー株式会社
Google Domains 4600 4600 米・グーグル社
ムームードメイン 990 3344 3344 GMOペパボ株式会社
エルドメイン 3157 3157 0 Rebyc株式会社
さくらのドメイン 3982 3982 0 さくらインターネット株式会社
カゴヤ・ドメイン 8800 5500 0 カゴヤ・ジャパン株式会社
JPDirect 1900 1900 1900 JPRS謹製 株式会社日本レジストリサービス
スタードメイン 1900 3100 3000 ポイント進呈あり ネットオウル株式会社
namegear 2800 2800 100 ビジネスラリアート株式会社
Yahoo!ドメイン 6600 6600 ヤフー株式会社
スピーバー 4180 4180 キャンペーン価格 ライド株式会社
ウルトラドメインジャパン 2580 2580 0 中沢商事株式会社
使えるねっと 3828 使えるねっと株式会社
名づけてねっと 3080 7920 85%が法人利用 株式会社NTTPCコミュニケーションズ
ゴンベエドメイン 3124 3124 種類が豊富 株式会社インターリンク
Qドメイン 2912 2912 株式会社エムフロ
PSI Japan 4270 4270 株式会社国際調達情報
FC2ドメイン 2780 2780 2780 FC2

項目別BESTレジストラ

とにかく安くしたいならお名前.com

ドメイン取得・更新費用をとにかく安くしたい場合は「お名前.com」がもっとも適していると言えます。しかし、管理画面の使いにくさや度重なるスパムメールが気になる。長期運用する場合はJPDirectの方が良い。

安さを追求したい場合は良い意味でも悪い意味でも有名な初年度登録料330円の【お名前.com】が魅力的である。

JPドメイン以外にも.com・.netといった有名ドメインから.workなどのマイナーgTLDまで幅広く取り扱っているのも特徴の1つ。

しかし、Abuse(ドメイン不正利用窓口)の対応の悪さや自動更新ポップアップを無理やり生じさせる悪質さ、毎日10通以上も不要なメールを送信してくる点から使いやすさは最悪という声が多い。DNSをCloudflareに変更し、お知らせメールの解除orドメインブロック等を施すことで対応できる。

お名前.com

また、長期利用を想定する場合は更新料1900円のJPDirectに切り替えると最大限安くJPドメインを運用できることになる。

使い易さも考慮するならXserverドメイン

お名前.comは安いものの、管理画面や宣伝メールがストレスになる。そこで、管理画面の使いやすさ、サービスの良さとやすさを両立したい場合は「ムームードメイン」や「Xserverドメインがよいでしょう。

低価格と使いやすさを両立するならばXserverドメインはとても良い選択である。初年度価格もお名前.comより20円高い350円と超低価格。更新料も同等程度で筆者が最もお勧めすることができるドメインレジストラでもある。

以下がエックスドメイン(Xserverドメイン)の管理画面。チェックボックス1つ外すだけで宣伝メールは一切届かず、コランの通り非常に見やすいUIでネームサーバーやDNS設定をすることができる。

Xserverドメイン・管理画面

JPRS謹製JPDirectは長期運用向け

最後にご紹介するのは日本で唯一のJPドメインのレジストリ「JPRS(日本レジストリサービス)」が提供するレジストラ。レジストリとは、トップレベルドメインを管理する最上位機関のことを指す。つまり、簡単に説明するとJPドメインの管理元が直販で販売するドメインを購入できるのが「JPDirect」という訳だ。

初年度登録料・更新料ともに1,900円と高くもなく特出して安くもない、ある意味特徴の無い料金体系ではあるが「お名前.com」で紹介した通り更新料が最も安いため、長期運用する場合はおすすめできる。

▶JPDirect公式ホームページ

解説・HowToカテゴリの最新記事