「コードギアス」新作劇場版『奪還のロゼ』第3幕は「精神的にえぐられる」話多数…キャスト印象 最終章に向け期待高める


アイキャッチ画像

「コードギアス」シリーズ新作アニメーションとして全4部作にて展開中の『劇場版 コードギアス 奪還のロゼ』より、第3作目となる3幕の上映が7月5日(金)からスタート。この度、公開直後にあたる7月6日(土)に本作キャスト登壇での公開記念舞台挨拶が新宿バルト9にて開催された。

舞台挨拶には、主人公ロゼ役の天﨑滉平さん、アッシュ役の古川慎さん、大橋誉志光監督、谷口廣次朗プロデューサーが登壇。これまでの振り返りとともに、来月公開の最終幕に向けて、の新情報なども解禁された。

第3幕は「精神的にえぐられる」今からでは少し間に合わない?楽しみ方も紹介

まずは、昨日第3幕の公開を迎えた心境を聞かれた大橋監督が「(昨年の『コードギアス』公式イベントで)公開の告知をしたときは冬で、完結は8月か……遠いなと思っていたのに。もう来月が最終幕で驚いています」と、ここまであっという間だったことを回想。昨日に第3幕を観て、ステージ上にパンフレットを持参した天﨑さんは、「レイトショーで観たんですけど、すごくたくさんお客さんが入っていて。回を増すごとにお客さんが増えているような印象があって、うれしいです」と満面の笑み。会場には第1幕や第2幕を5回以上観たというファンが多数いる一方で、『奪還のロゼ』を観るのはこの第3幕が初めてという人もおり、幕を重ねるごとに本作の評判が広がっていることが改めて感じられた。

また、「3幕は精神的にえぐられる話が多かった」と振り返った古川さんは、SNSなどで本作を観た人たちの感想を読み、楽しんでもらえてうれしかったと話す。谷口プロデューサーは、懐かしいキャラクターたちが登場したことに触れて「3か月くらい前に、『コードギアス』シリーズを全部観ている方は一番楽しめると思いますよと話したんですが、それがやっと回収されたなと。キャストのみなさんも揃って収録していただいて、同窓会みたいでしたね」と、感慨深げに語った。

これまで謎に包まれていたアッシュの過去が語られ、アッシュとサクヤの関係性が変化した第3幕。今回のロゼについて質問された天﨑さんは、ロゼが今後登場しなくなってしまいかねない展開にハラハラしたことを明らかにし、「1幕、2幕とはロゼの立ち位置やお芝居が大きく変わったと思いますね。今後どうなっていくかはお楽しみに」とコメントした。さらに、第3幕の劇場グッズであるボイスチェンジャー型キーホルダーを、ネックレスにして身に着けているとアピール。「僕、これ役なので(笑)」という言葉に、会場は笑いに包まれた。

最終章へ向け期待誘うスタッフ陣

そんな天﨑さんに対し、古川さんは「最終幕では天﨑滉平のとんでもない技が観られます」、大橋監督も「僕も感動しました」と絶賛するシーンがあり、次回への期待がさらに高まっていく。また古川さんがアッシュやサクヤのシリアスなシーンの後に、想い人・ラズベリーちゃんの話題が出たことについて、「3幕で一番楽しかったのはあそこ」だと話すと、客席からも賛同するかのような拍手が巻き起こった。

続く戦闘シーンの話題では、すでに出番を終えたかと思われたキャラクターが、超ハイテンションで再登場したことについて大盛り上がり。また大橋監督が、2幕のスタッフトークショーで「ポロリがある」と話したシーンが、とあるナイトメアフレームの左耳が取れるシーンのことだったと判明。「3Dなのでパーツが取れると管理が大変になると言われたんですが、どうしても入れてほしいとゴリ押ししました」とこだわりを熱弁した。

最後には1人ずつファンへメッセージが届けられた

谷口プロデューサー「次回、最終幕でいろいろと決着がつきます。今回出てきた(過去シリーズの)キャラクターたち以外にも、出てきます。ぜひ最後までロゼとアッシュの物語をご覧いただければ幸いです」

大橋監督「最終幕はずっとノーランドのターンになります」と気になる言葉を口にしつつ、配信では次の話数が待ちきれなくなるため、まずは劇場で一気に観てもらいたいとコメント。

古川「まずはこの3幕を堪能していただいて、これまで蒔かれてきた種について考えたり、それを踏まえてこれから起こることは何なんだろうと考えてもらえたら、より最終幕に対する期待が上がるんじゃないかなと思います。最終幕は……泣いたぞ」

天崎「『奪還のロゼ』を観終わった後、みなさんいろんな感情にはなると思うんですけど、最終幕まで観てよかったと確実に思っていただけるはずなので、1幕2幕そして3幕を何度も観返して、いろんな種を見つけた状態で、また来月お会いいたしましょう!」

【新規公開】『コードギアス 奪還のロゼ』 第4幕 作品情報

『反逆』『復活』のその後を描く「コードギアス」シリーズ最新作!
明かされるノーランドの思惑――ふたりの絆で立ち向かう最終決戦!!
ギアス――それは呪いか、それとも誓いか。

0708-6wq1hjfg

世界各地に姿を現した正体不明機は、人々に恐怖と混乱を与えていた。各国の戦士たちは各々ナイトメアフレームを駆り正体不明機に挑むが、圧倒的な物量とその強さに対応が追いつかない。
その魔の手は、ネオ・ブリタニア帝国の人々にも向けられ、ナタリアが治めるルクセンブルグ領も多数の正体不明機が現れていた。そして皇宮にいるサクラにも危機が迫る。ロゼはサクラを助け出すために、アッシュとともに皇宮へと向かうのであった。

0708-hzw6irr6

『コードギアス 奪還のロゼ』 第3幕 作品情報

『反逆』『復活』のその後を描く「コードギアス」シリーズ最新作!
暴かれるギアスの真相、迫るネオ・ブリタニアの脅威、激動の第3幕!!
新たな誓いと覚悟を胸に――

「俺が皇重護を殺した」というアッシュの告白により、これまで父の仇と信じてきたロゼは、アッシュの過去を再び調べるべく、彼の育ったラベンダーホームを訪れる。そこでシスターから語られるアッシュの過去。ホームでの元気な生活、ノーランドに引き取られてからの気の休まることのない生活、訓練と暗殺、失敗、そして喪失。絶望のどん底に突き落とされるアッシュだが、そんな彼が出会ったのが、サクヤの父・皇重護だった。

ロゼ:天﨑滉平/アッシュ:古川 慎/サクヤ:上田麗奈/黒戸:黒田崇矢/物部:小西克幸/ハルカ:富田美憂/小田:千葉翔也/宗森:坂 泰斗/新城:杉山里穂/佐野:春野 杏/コーネリア:皆川純子/ニーナ:千葉紗子/漣:山本兼平/志塚:小林親弘/坂井:Lynn/東見:藤井 隼/岩本:青山 穣/ナタリア:寺崎裕香/メイ:白石晴香/ヴァレン:野川雅史/ノーランド:安元洋貴/キャサリン:東山奈央/ナラ:内山夕実/ヴァルター:加瀬康之/ディボック:水中雅章/クリストフ:吉野裕行

©SUNRISE/PROJECT G-ROZE Character Design ©2006-2024 CLAMP・ST

著者 編集部アニメ情報班