ジャンプ+連載『ダンダダン』アニメ化、OP主題歌をCreepy Nutsが担当 DJ松永&R-指定“似たものを感じた”と期待誘う


アイキャッチ画像

10月よりMBS/TBS系28局全国ネット「スーパーアニメイズムTURBO」枠にて放送が決定している新作アニメ『ダンダダン』について、本作のオープニング主題歌をCreepy Nutsが担当すること、そして楽曲名が「オトノケ」であることがわかった。

Creepy Nutsはラッパー「R-指定」のDJ「DJ松永」によるHIP HOPユニットとして2017年にメジャーデビュー。直近には本年1月リリースの「Bling-Bang-Bang-Born」が3ヶ月でストリーミング累計再生数3億回を超え、国内外のチャートを席巻。日本のみならず海外フェスへの出演や、2025年2月には東京ドーム公演の開催が決定している。

主題歌担当に際し、Creepy Nutsの2人からはコメントも寄せられており、DJ松永は「『この世界に無い曲作ったぞ』と思えた時が、曲作りに最も手応えを感じる瞬間なのですが、オトノケは正しくそれです!作れて良かった!」と、R-指定は「怪異や霊が人に憑依する時“痛みや悲しみに共鳴して結び着く”というこの作品の解釈が、自分の考える音楽の作り手と聴き手の関係にすごく似ているなと思い筆を走らせました。」とそれぞれ期待感を誘った。

『ダンダダン』は、集英社のマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」で連載の龍幸伸による、累計発行部数320万部、閲覧数3億7,000万を超える漫画作品。霊媒師の家系に生まれた主人公の女子高生・モモ<綾瀬桃>と同級生でオカルトマニアのオカルン<高倉健>が親しくなるなかで、幽霊と宇宙人の存在を巡る口論が勃発。それぞれの信じるものを証明するため、モモはUFOスポットの病院廃墟へ、オカルンは心霊スポットのトンネルへ向かうと二人は秘めた力を手にして…覚醒させるモモと、呪いの力を手にしたオカルンが、迫りくる怪奇に挑むオカルティックバトル&青春物語となっている。

『ダンダダン』作品情報

霊媒師の家系に生まれた女子高生・モモ<綾瀬桃>と、同級生でオカルトマニアのオカルン<高倉健>。
モモがクラスのいじめっ子からオカルンを助けたことをきっかけに話すようになった2人だったが、「幽霊は信じているが宇宙人否定派」のモモと、「宇宙人は信じているが幽霊否定派」のオカルンで口論に。

互いに否定する宇宙人と幽霊を信じさせるため、モモはUFOスポットの病院廃墟へ、オカルンは心霊スポットのトンネルへ。
そこで2人は、理解を超越した圧倒的怪奇に出会う。
窮地の中で秘めた力を覚醒させるモモと、呪いの力を手にしたオカルンが、迫りくる怪奇に挑む!運命の恋も始まる!?
オカルティックバトル&青春物語、開幕!

放送:2024年10月からMBS/TBS系28局「スーパーアニメイズムTURBO」枠にて全国同時放送
原作:龍 幸伸(集英社「少年ジャンプ+」連載)
監督:山代風我
アニメーション制作:サイエンスSARU

モモ<綾瀬 桃>:若山詩音
オカルン<高倉 健>:花江夏樹
ターボババア:田中真弓
セルポ星人:中井和哉

©龍幸伸/集英社・ダンダダン製作委員会

著者 編集部アニメ情報班