楽天モバイル、700万回線突破 2ヶ月で50万純増、プラチナバンド運用開始も目前


アイキャッチ画像

楽天モバイルは17日、携帯キャリアサービスの契約回線数が700万回線を突破したことを伝えた。650万回線の突破から約2カ月で契約数が50万回線増加し、「Rakuten UN-LIMIT VII」の開始以降、3カ月間の純増契約数が過去最大数を記録したという。

楽天モバイルは、2020年に携帯市場の民主化を掲げ携帯キャリア事業(MNO)へ新規参入して以降、低廉でシンプルなプランを展開。同時に基地局開設による自社回線エリアの増強を推進することで、パートナー回線(au)を段階的に削減。通信品の向上に務めているとアピールしている。

2023年には「UN-LIMIT」シリーズから「最強プラン」へと名称を改め、各最大100ポイントを通信料金から還元する「最強家族プログラム」「最強青春プログラム」の提供を開始。本年4月からは同プランを利用する12歳以下を対象にしたポイント還元プログラム「最強こどもプログラム」の提供も行われており、幅広い年齢層での契約数増加を図っている。

また、個人消費者向けの「最強プラン」に加えて、法人向け「最強プラン ビジネス」の推進により、契約数の底上げも見受けられており、設備投資を主な要因とした赤字業績の脱却を目ざす。そして、同社は本発表に際し、通信品質の向上にも取り組んでいる点にも言及した。

通信分析会社Opensignal社が本年4月に発表した日本市場の「モバイル・ネットワーク・ユーザー体感レポート」において5部門での単独受賞となったことを引用したほか、同月30日には新規に割り当てられた700MHz帯「プラチナバンド」の運用開始に向けて試験照射も開始したことも伝えている。さらに本年内を目処に、関東地方における楽天回線「5G(Sub6)」エリアを前年1月比で最大1.6倍に拡大する計画も提示している。

(参考)OpenSignal社発表 キャリア品質調査
■全体
ビデオ・エクスペリエンス…ソフトバンク、au、楽天モバイル
ライブ・ビデオ・エクスペリエンス…au、楽天モバイル
ゲーム・エクスペリエンス…楽天モバイル
音声アプリ・エクスペリエンス…楽天モバイル
ダウンロード・スピード・エクスペリエンス…au
アップロード・スピード・エクスペリエンス…楽天モバイル
■5G
ビデオ・エクスペリエンス…ソフトバンク
ライブ・ビデオ・エクスペリエンス…ソフトバンク
ゲーム・エクスペリエンス…ソフトバンク
音声アプリ・エクスペリエンス…au、ソフトバンク
ダウンロード・スピード・エクスペリエンス…楽天モバイル
アップロード・スピード・エクスペリエンス…楽天モバイル

(注記)700万回線は6月16日(日)時点の、BCP(Business Continuity Plan 用途に販売しているプラン)を除く、「Rakuten 最強プラン」、「Rakuten 最強プラン ビジネス」、「Rakuten Turbo」、MVNE(約20万回線)を合わせた契約数

著者 編集部テクノロジー情報班
ほんの少し視点を変えてみるとテクノロジーはもっと面白くなる。そんな考えのもと、最新のIT、ガジェットに関するホットな話題や、エンタメを楽しむならコレ!といった耳寄り情報も提供しています。