『無職転生Ⅱ』次回より新章【転移迷宮編】突入 これまでとは一転“過酷な冒険”伺えるPV&ビジュアル公開


アイキャッチ画像

毎週日曜日24時よりTOKYO MX、BS-11ほかにて放送中のTVアニメ『無職転生Ⅱ』第2クールについて、5月12日(日)24時より最新話となる第十八話「ターニングポイント3」がオンエアされ、5月26日(水)に放送予定の次回第十九話「砂漠の旅」から新章【転移迷宮編】に突入することがわかった。

※以下、第十七話及び最新第十八話に関する内容が含まれます

さきほど最速オンエアされた第十八話「ターニングポイント3」では“重要な出来事が起こる”として放送前より多大な期待が寄せられたなか、Aパートではシルフィたちを巡るおめでたい話が展開された一方、終盤には一通の手紙がルーデウスもともに届くことに。

差出人は、母ゼニスの捜索を父パウロと共に続けるギースで、そこには「ゼニス救出困難・救援求む」という内容が…。パウロたちのいるベガリット大陸の迷宮都市ラパンは遥か遠く、母を救いたいという想いと、妊娠中の妻シルフィエットや妹たちへの想いの間で揺れ動くルーデウス。しかし、幼い妹ノルンが代わりに行こうとする姿から、自身が救出に向かうことを決意した。

そしてこの度、新章に向けて新たなキービジュアルとPVが解禁となり、PV映像はこれまで第2クールで描かれてきた物語から一転して、過酷な冒険と激しいバトルアクションを予感させる内容に。一方のキービジュアルでもルーデウスや剣士である父パウロ、ルーデウスの師匠のミグルド族の魔術師ロキシー、エルフの細剣使いエリナリーゼ、情報収集に長けるシーフのギース、ドワーフの魔法戦士タルハンドが躍動感たっぷりに描かれている。

また、新章放送に向けて、前週にあたる5月19日(日)24時よりTOKYO MX、BS11ほかにて、キャスト出演の特別番組『無職転生Ⅱ ~異世界行ったら本気だす~ 【転移迷宮編】直前スペシャル』の放送も決定。メインキャストから、ルーデウス役の内山夕実さん、シルフィエット役の茅野愛衣さん、ノルン役の会沢紗弥さん、アイシャ役の高田憂希さん、そしてロキシー役の小原好美さんが出演するという。

番組ではキャスト陣の貴重なインタビューとアニメ本編映像を織り交ぜながら、第2クールでこれまでに展開した「新婚編」の物語のプレイバックし、そして【転移迷宮編】の展望と見どころに迫る。なお、特番放送を前にルーデウス・グレイラット役・内山夕実さんは「『無職転生Ⅱ』はなかなか物事が思ったとおりに進まない、人生を描いている作品だからこそ、経験してきたことすべてが糧になっています。それが実感できる瞬間が【転移迷宮編】には散りばめられています」との公式コメントも到着した。

第十八話あらすじ

第十八話「ターニングポイント3」
ルーデウスへの接し方、そして学校に友達ができるなど、ノルンにも変化が見られてきた。家族との、そして大学での生活も穏やかに進んでいく。そんなある日、シルフィから告げられる事とは…? そしてある人物から届く手紙の内容とは…? さらにヒトガミの新たな“助言”とは…!?

『無職転生Ⅱ』作品情報

『無職転生』は2012年から小説投稿サイト「小説家になろう」にて連載を開始した理不尽な孫の手によるライトノベル作品として、これまでにシリーズ累計発行部数1485万部(紙+電子)を数える人気コンテンツ。2021年にはTVアニメが連続2クールにて放送され、主人公・ルーデウスの成長のドラマと冒険、スケールの大きな世界観、ハイクオリティなアニメーションは大きな話題を呼んだ。続編となるTVアニメ第2期が昨年7月より放送されると、1期最終回でふさぎ込んだルーデウスの再起のドラマが描かれ、中盤からの「ラノア魔法大学編」では、ルーデウスが、本名や素性を隠す幼馴染・シルフィと再会。2人の視聴者をやきもきさせる描写や、大学での多彩なキャラクターたちのさまざまなドラマや事件が展開し、話数が進むごとにファン・視聴者から高い支持を受けている。

【原作】理不尽な孫の手(MFブックス/KADOKAWA刊)
【放送】4月7日(日)放送開始

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生Ⅱ」製作委員会