『無職転生Ⅱ』最新話、サブタイに“ターニングポイント”が…多大な期待募る第十八話先行カット


アイキャッチ画像

毎週日曜日24時よりTOKYO MX、BS-11ほかにて放送中のTVアニメ『無職転生Ⅱ』第2クールについて、明日5月12日(日)より第十八話「ターニングポイント3」の放送、配信が順次スタート。この度あらすじと先行カットが到着した。

※以下、第十七話に関する内容が含まれます

第十八話概要・あらすじ・先行カット

前回第十七話では、引き籠った妹・ノルンとのエピソードが繰り広げられ、ルーデウスが前世で引き籠っていた記憶を巡りながら、家族としてノルンに寄り添うことでノルンの笑顔を取り戻すことが叶った。本作においてサブタイトルに「ターニングポイント」と付く回は重要な出来事が起こるのはファン・原作読者の中では周知の事実で、瞬く間にこのサブタイトルがトレンド入りを果たしていた。

そして、先行カットが公開された第十八話では妹・ノルンとも交流がはじまり、妻・シルフィ、もうひとりの妹・アイシャを含めた家族、そして学友たちとの充実した生活を送るルーデウスが描かれるという。そんな彼に、ある人物から手紙が届き、そこからルーデウスに新たな“ターニングポイント”が訪れる…。

第十八話「ターニングポイント3」
ルーデウスへの接し方、そして学校に友達ができるなど、ノルンにも変化が見られてきた。家族との、そして大学での生活も穏やかに進んでいく。そんなある日、シルフィから告げられる事とは…? そしてある人物から届く手紙の内容とは…? さらにヒトガミの新たな“助言”とは…!?

『無職転生Ⅱ』作品情報

『無職転生』は2012年から小説投稿サイト「小説家になろう」にて連載を開始した理不尽な孫の手によるライトノベル作品として、これまでにシリーズ累計発行部数1485万部(紙+電子)を数える人気コンテンツ。2021年にはTVアニメが連続2クールにて放送され、主人公・ルーデウスの成長のドラマと冒険、スケールの大きな世界観、ハイクオリティなアニメーションは大きな話題を呼んだ。続編となるTVアニメ第2期が昨年7月より放送されると、1期最終回でふさぎ込んだルーデウスの再起のドラマが描かれ、中盤からの「ラノア魔法大学編」では、ルーデウスが、本名や素性を隠す幼馴染・シルフィと再会。2人の視聴者をやきもきさせる描写や、大学での多彩なキャラクターたちのさまざまなドラマや事件が展開し、話数が進むごとにファン・視聴者から高い支持を受けている。

【原作】理不尽な孫の手(MFブックス/KADOKAWA刊)
【放送】4月7日(日)放送開始

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生Ⅱ」製作委員会