『ブルーロック』初の劇場版、声優陣が語った“主人公・凪”を描く魅力 全会一致の「敵に回したくないキャラ」は


アイキャッチ画像

アニメ『ブルーロック』の特別番組としてABEMAにて展開中の『「ブルーロック」放送室 延長戦』では、4月24日(水)に“劇場版公開特別編”と題した特別回が放送された。番組にはMCの潔 世一 役・浦 和希さん、蜂楽 廻 役・海渡 翼さんに加え、ゲストとして劇場版での主人公・凪 誠士郎 役の島﨑信長さんと御影玲王 役の内田雄馬さんも生出演した。

内田雄馬「メンタル的には一番普通な人」玲王を分析

この日放送された“劇場版公開特別編”では、スタジオを飛び出し観客の入った劇場での収録となり、キャスト陣が登壇し拍手に包まれた後、自己紹介では島﨑さんが「EPISODE 凪、主人公の…“主人公”の凪 誠士郎くんの声を担当しております」と早速主人公マウントを開始。「普段は照れちゃってこんなに主人公アピールしないけど、浦くんの態度がフリになっててさ」と、内田さんと共に笑顔でマウントをとる島﨑さんに、浦さんは「ちょっと待ってくださいよ!ピカデリーに来るたびに(主人公)取られてる!」と初っ端よりツッコミ全開。

そんな大盛り上がりでスタートした本番組ではまず、劇場版の感想トークが展開された。“-EPISODE 凪-”というだけあり、今回は天才ストライカー・凪 誠士郎をフィーチャーした物語となるが、浦さんは「僕自身も主人公交代っていうのはさんざん弄りましたが、脇にいたからこそ見えてきたことってすごくあって!潔の魅力もそうですし、凪も、TVシリーズで見ていると若干天才が鼻につくような、それくらいの天才ぶりでしたが、劇場版で見てみると、そりゃそうだわなって思える成功ストーリーが描かれていて、これは面白いなって」と、視点が変わることで各キャラクターの別の魅力が引き出されたことを語る。

また、島﨑さんは凪の相棒とも言える御影玲王について「より深まったのは玲王の魅力よ!深まれば深まるほど、苦しくなれば苦しくなるほど輝いてる!本当に輝いてた!」と絶賛。そして、玲王を演じる内田さんは、玲王について「彼はこの4人の中で、メンタル的には一番普通な人なんです。生まれ育った環境は特別かもしれないけど、割と普通のメンタルの持ち主で、“自己”という強い面は持っていなかったんです」と紹介。

続けて「凪という存在がいて初めて、俺は世界一になれるって思っていたけど、その自分の安定剤が、柱が抜かれちゃったんです。でも玲王はそこからが人間のスタートというか、自分の拠り所がなくなった時、そこからどう自分の柱を立てていくのかって自己を作っていくから、これは玲王の成長の物語でもありますね」と今回の物語の見どころを伝えた。

キャスト陣の“敵に回したくないキャラクターNo.1”は雷市…アフレコ時の秘話

また、視聴者からの質問に答えるコーナーでは「凪の口癖は“めんどくさーい”ですが、キャストの皆さんの口癖は?」などの質問に答えていくなか、「敵に回したくないというキャラクターは?」という質問ではアフレコの裏話を告白。

質問に対して、内田さんが「雷市陣吾」(CV.松岡禎丞)と即答すると、一同大共感のようすで、「雷市との収録は一度も直接できたことがなくて、耳で聞いて録りましたが、本当に雷市のパワーがすごいんですよ。それを感じるから、こっちも“何くそこの野郎!”って返すと、それ以上のものが別撮りなのに帰ってくるから…すごいです、あの人のパワー。とんでもないですよ」と語る内田さんに、島﨑さんも「すごいね、松岡パイセンすごいね」と頷きつつ、「雷市は個人として強いだけじゃなくて、一番怖いのが、“何やってんだよ!”って周りを鼓舞できるんです。それでチームの空気感も良くなる」とさらに雷市の強さをアピール。

続けて内田さんが浦さんと海渡さんへ、「(同じチームZの)仲間としては大変だったのでは?」と尋ねると、浦さんは「後ろからの圧は確かにすごかったです。これに応えないといけないんだって。でも、これに引いたら物語が変わっちゃうからこそ、とにかく必死に、汗以上のものが出てるんじゃないかくらいのつもりでやってましたね」と回答。

劇場版でそんなチームZの声を聞きながら収録したという内田さんは、「その時の入ってた声が、そういう経験全部積んできてるっていうのもあって、すごくパワーがあって!全員のレベルが上がっているのを感じて “何くそ!”って思いながらまた録っていました」と、実際に底上げされたチームZのパワーに圧倒されていたことを明かした。

■特別番組『「ブルーロック」放送室 延長戦 劇場版公開特別編』 独占生放送
放送日時:2024年4月24日(水)夜8時15分~
放送チャンネル:ABEMA アニメチャンネル3
出演者(敬称略)
MC:浦 和希(潔 世一 役)、海渡 翼(蜂楽 廻 役)
ゲスト:島﨑信長(凪 誠士郎 役)、内田雄馬(御影玲王 役)

(C)金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会