文房具ソムリエが教える“声優にピッタリ”のボールペンとは?最新文具にスネ夫役・関智一も興奮

アイキャッチ画像

ABEMAにて平日每日放送中の声優レギュラー番組「声優と夜あそび」より、直近の2月23日(金・祝)に金曜放送回として関智一さんと岡本信彦さんが登場。放送日の2月23日は「ふみの日」ということで「話題の文房具を使ってみよう!」と題したコーナーが実施され、文房具のスペシャリストから、最新文具がレクチャーされた。

実は、休みの日には1日中文房具屋にいたこともあるほど文房具好きだという関さんは、先生が来る前から大興奮。「年々おもしろくてすごいのがいっぱい出てるんですよ」「俺の中で文房具は、ドラえもんのひみつ道具と同じ並びなんです」と文房具の魅力を熱弁する関さんに、岡本さんも「スネ夫役の関さんがそれをいうならすごく興味が湧きます」と惹かれ始める。

今回の先生は文具ソムリエールとして菅未里先生が登場。声優のマストアイテムでもあるペンから、驚きのアイディアが詰まった便利文具まで、さまざまな最新文具が紹介された。

まずは声優のマストアイテムでもあるペンから紹介へ。鉛筆のようなフォルムと筆跡でありながら削る手間なく書き続けられる「metacil」や、ペンとラインマーカーが1つなった「ペン&マーカー Ninipie」など、さまざまなアイディア文房具が飛び込んでくると、2人は「なんすかこれ!?おもしろ!」「これ買います!」と大はしゃぎ。また、特殊なマーカーで線を引いた上に細いペンで書き込むと白抜きの文字が浮かびあがる「白抜きマーカー DECOT」が紹介された際には、不思議なペンに岡本さんも「魔法感ありますね」とびっくり。

すっかり文房具の魅力にハマった様子の岡本さんに、関さんは「ほら〜“ひみつ道具”っぽいでしょ文房具って」と自慢げに語る。さらには、声優の2人へ特におすすめしたいというボールペンのノック音を66%低減した静音ペン「Calme ボールペン」も紹介に、関さんは「マジで結構あるんです。アフレコ中にメモして、ポケットに戻したいけど、どうしようってなることが」と日頃の苦労を語りつつ、「これだったらいける!」「これは声優のための声優ペンだ」と目を輝かせる。

ほかにも、暗闇でも使えるLED入りペンや、一冊でも倒れないブックスタンド、立てられるファイルなど、先生おすすめの便利文具が紹介され、興奮のあまりカメラに背中を見せていることにも気づかず、文具に食いつく関さんに、スタッフが指摘を入れる場面も。これには関さんも思わず「番組だったかこれ」「文房具好きお姉さんのところにただ遊びに来ただけになってる(笑)」と苦笑いを浮かべます。その後も、2人は少年のように目を輝かせながら、文房具愛を炸裂させる先生の熱い文房具トークに耳を傾けていた。

©Abema TV, Inc.