アニメ『ゆびさきと恋々』手話で「好き」雪が伝えるも…Sign.6「ずっと見ていたいって思ってた」先行カット

アイキャッチ画像

2024年1月よりTOKYO MXほかにて放送のTVアニメ『ゆびさきと恋々』(講談社「月刊デザート」連載)について、本日2月10日(土)22時30分より順次放送・配信が予定されているSign.6「ずっと見ていたいって思ってた」の先行カットとあらすじが到着した。

先行カット&あらすじ

Sign.6「ずっと見ていたいって思ってた」
逸臣から手の甲にキスをされ、動揺する雪。逸臣への思いが溢れてしまい、手話で「好きです」と伝える。…が、ちょうど電話が掛かってきており、逸臣は告白を見ていなかった。週明けから海外に行ってしまい、次に会えるのは春休み明けだと言われショックを受ける雪。その間も手話の動画を送ると約束する。

『ゆびさきと恋々』作品情報

この手で「好き」って伝えたい…。
累計発行部数360万部突破(電子含む)、各種賞にランクインし、SNSなどでも多くの反響を集める森下suuが描く『ゆびさきと恋々』。女子大生の雪は、ある日困っているところを同じ大学の先輩・逸臣に助けてもらう。聴覚障がいがあって耳が聴こえない雪にも動じることなく、自然に接してくれる逸臣。自分に新しい世界を感じさせてくれる逸臣のことを雪は次第に意識し始めて…⁉
聴覚障がいのある女の子・雪と世界を旅する大学の先輩・逸臣のピュアラブストーリーがはじまる。

◆STAFF
【原作】森下suu(講談社「月刊デザート」連載)
【アニメーション制作】亜細亜堂
【放送】2024年1月からTOKYO MX、MBS、BS日テレにて放送開始
【配信】2024年1月6日(土)22:30~ABEMA・U-NEXT・アニメ放題にて、地上波同時先行配信

©森下suu・講談社/ゆびさきと恋々製作委員会