ついに開幕『うる星やつら』第2期、OP&EDお披露目 “初代アニメ”彷彿とさせるエモい演出に注目

アイキャッチ画像

フジテレビ「ノイタミナ」枠にて放送予定のTVアニメ『うる星やつら』について、1月11日より初回エピソードとなる第24話「妄想フーセンガム/愛は国境を越えて」の放送がスタートし、第2期が開幕。

同エピソードでは本編に加えて第3クールのノンクレジットオープニング映像とエンディング映像がお披露目となった。

オープニング&エンディングお披露目

オープニングではドアからあたるとラムが飛び出すシーンから始まり、ラムに追いかけられ、逃げるあたるというなんとも“うる星やつら”らしさを感じる映像に。その後、しのぶ、サクラ、了子、ラン、竜之介、クラマと様々な女性に愛を振りまきながら、ラムから逃げるべく走り続ける中で、あたるが走り続ける間には、真吾や飛鳥、因幡などの新キャラクターも登場。初代アニメのオマージュを伺わせる展開も。

一方のエンディング映像では初代アニメをオマージュした“☆”からスタート。映像は“カチ”“カチ”と星が時計のように右に2回転したのち、たラムが夜の街に繰り出し、あたるのことを想いながら街中を漂うシーンが描かれる。ラムが三日月の上に座り、背を預けたり横になったりするシーンもあり、あたるを想い、笑顔を浮かべるラムが切なく、見惚れること必至の映像となっている。

オープニング・テーマ:ノンクレジットOP 【MAISONdes「ロックオン feat. はしメロ, 巡巡」】

エンディング・テーマ:ノンクレジットED【MAISONdes「雷櫻 feat. 9Lana, SAKURAmoti」】

『うる星やつら』第2期 作品情報

「うる星やつら」は高橋留美子氏によるデビュー作として1978年から連載が行われていたマンガ作品。小学館創業100周年を記念して、2022年より原作エピソードを全4クールにわたって、完全新作としてTVアニメ化が行われている。2024年1月から始まる第2期ではあたるとラムを始めとする魅力的で個性的なキャラクターたちが、第1期のメンバーからさらに増え、物語はよりわちゃわちゃとした混沌へと突き進む。

【原作】高橋留美子「うる星やつら」(小学館 少年サンデーコミックス 刊)
【アニメーション制作】david production
【放送】第 2 期 2024 年 1 月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送

©高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会