ヨルの戦闘シーンに早見沙織「すごく込み上げるものがありました」フォージャー家キャストが『SPY×FAMILY』「豪華客船編」を振り返り

アイキャッチ画像

毎週土曜日23時よりテレビ東京系列ほかにて放送中のアニメ『SPY×FAMILY Season 2』について、フォージャー家キャスト陣と「豪華客船編」を振り返る特別番組がABEMAにて独占配信が行われた。

番組にはロイド・フォージャー役の江口拓也さん、アーニャ・フォージャー役の種﨑敦美さん、ヨル・フォージャー役の早見沙織さん、ボンド・フォージャー役の松田健一郎さんらフォージャー家キャストが集結。「豪華客船編」を振り返ったほか、キャスト陣が最新話「MISSION:34」のキービジュアルを予想し描き下ろす恒例企画「キービジュアル品評会」などが展開された。

ヨル「私は戦うことを、やめない」の裏側を語る

フォージャー家キャストと一緒に「豪華客船編」を振り返った本放送。早速、各回のダイジェストとともに名シーンの振り返りに盛り上がる中、「MISSION:33」の振り返りでは、ヨルが花火の音が鳴り響くなかに数々の殺し屋を相手に戦うシーンが話題に上がる。このシーンを演じた際の心境について、早見さんは「ユーリもそうだし、フォージャー家もそうだし、ヨルさんにとって“家族”っていう存在が、無意識のうちに足を鈍らせるほど大きくなっていたんだなって。走馬灯の中で、ユーリとフォージャー家が重なっていくっていうのが、すごく込み上げるものがありましたね」とコメント。

また、再び家族を思い「私は戦うことを、やめない」と再起するシーンについては、「“私は戦うことをやめない”は結構いろんなパターンをとっていて、(本編の句読点は)“私は戦うことを、やめない”ってなっているんですけど、“私は、戦うことをやめない”とか、区切る場所を変えて言ってみたり、いろいろ試してどんな感じで言うのが、ヨルさんの強い意志を表現できるのか考えました」と裏側を告白。そんな名シーンに、スタジオからは「いいシーンだ」「素晴らしい」と歓声があがり、種﨑さんは「私泣きました」と思わず涙したことも明かした。

恒例企画「キービジュアル品評会」で江口拓也&早見沙織が“画伯”の才能を発揮!?

番組では続いて、特別番組の恒例企画「キービジュアル品評会」のコーナーへ。第1期に引き続き第2期でも各回でキービジュアルを公開している本作から、次回はどんなキービジュアルになるのか、キャスト陣に予想し描いてもらうという手指の企画で、今回は「MISSION:34」がお題に。

まずは松田さん、種﨑さんのイラストが公開され、アーニャをメインとしたイラストに「うまい!」「躍動感がすごい!」「いい表情してる」と絶賛の声が飛び交った一方で、これまで独創的なイラストを披露してきた江口さん、早見さんのターンになると、スタジオは「うわぁぁぁ!こわ!」「え!?」「すっごいですね」と騒然。

自身のイラストについて、早見さんが「これは誰?っていう…」と謎の人物の存在を匂わせると、江口さんが「みんな誰なんですよ!」とツッコミを入れたり、江口さんが「ヨルさんの力強さを表現した」とイラストを公開した場面では、早見さんが「モザイクかかっちゃうんじゃないですか?」と弄ったりと、“画伯”同士の戦いに、MCのアメリカザリガニ柳原さんから「誰が誰に言ってるんですか」と辛辣なツッコミが炸裂。スタジオが笑いに包まれた後に、「MISSION:34」のキービジュアルが解禁になると、種﨑さんのイラストの一部がまさかの一致。見事な予想的中に、スタジオは大きな盛り上がりを見せた。

「MISSION:34」キービジュアル

本番組は、放送1週間後の12月9日(土)夜10時まで無料で視聴可能。

【Android・iOS】見放題動画サービス「ABEMA」アプリダウンロード(PR)

(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会