アニメ『呪術廻戦』宿儺を演じるのは「本当に難しい」諏訪部順一が語る“渋谷事変”〈インタビュー〉

アイキャッチ画像

毎週木曜日23時56分よりMBS/TBS系列全国28局ネットにて放送中のTVアニメ『呪術廻戦』第2期について、本日11月16日より順次放送・配信が始まる第41話「霹靂-弐-」の先行カット&あらすじが到着した。

また、本放送を控えるにあたり、呪いの王・両面宿儺役を務める諏訪部順一さんのオフィシャルインタビューも到着。第40話のアフレコや自身の演じるキャラクターの印象などが語られている。

諏訪部順一:インタビュー

――「渋谷事変」について、原作コミックやシナリオを読まれた際の印象を聞かせてください。

非常に苛烈な展開ですね。物語にとって大きなターニングポイントとなるエピソードです。アニメで描くのならば、制作に携わるスタッフもキャストも大変な熱量が必要となるだろうなと思いました。

――虎杖ら1年ズ同様、両面宿儺もTVシリーズには3年ぶりの登場となります。

みなさんご存知かと思いますが、アニメ第1期の宿儺は出番はあまり多くないので(笑)。久しぶりに物語本編をしっかりと演じられてうれしかったです。

――諏訪部さんは両面宿儺というキャラクターにどういう印象を抱いていますか?

非常に難しいキャラクターだと思いました。アニメ化発表以前から、連載ベースで原作を読んでいたのですが、両面宿儺の声色のイメージが明確に浮かんでおらず……。オーディションの際もかなり悩みました。
しかし、悩んでも答えが出なかったので、出たとこ勝負でやった結果決まりました(笑)。しかし、アニメへの期待値も高まっていたので、オンエアが始まるまではとても不安でしたね。特に原作ファンの皆さんが思う両面宿儺のイメージに合う表現ができているかわからなかったので。オンエア後、好印象のご感想をたくさん見かけてホッと胸を撫で下ろしました。

――そんな両面宿儺という役をどう捉えて、どう演じようと思ったのでしょうか。

明らかにされていない要素が多いキャラクターなので、完全に理解することはなかなか難しいですね。できる限り原作を読み込んで考察し、自分の中でイメージをより具体的なものにしながら演じている感じですね。しかし、その解釈が正解かどうかまだわからないので……。本当に難しい役だと思っています。

――「渋谷事変」のPV映像が公開されていますがご覧になっての感想をお願いします。

ついに来たな、と。アフレコの段階ではまだ絵が完成していなかったので、早く完成した本編が観たくなりました。アニメ第1期もそうでしたが、漫画で描かれるコマとコマの間を補完したり、同じ場面でも違う視点で描かれたり、映像作品としての面白さが存分に加味されているんですよね。特に迫力のバトルシーンの数々がどうなっているのか、楽しみです。」

――第40話「霹靂」では、漏瑚との闘いが繰り広げられました。収録を終えられての感想や見どころを伺えますか?

非常にスピーディーな戦いが繰り広げられています。両面宿儺は圧倒的強者であるが故、アクションアドリブがほとんどないのですが…… 翻弄される漏瑚さんは大変そうでした(笑)。

――両面宿儺が漏瑚に対し「誇れ。オマエは強い」と賛辞の言葉を贈るシーンもありした。このシーンを演じてみていかがでしたか?

両面宿儺がどういう気持ちでその言葉を言ったのか、自分の考えはあえて言わないことにしておきたいです。もちろん自分なりの解釈はありますが、視聴者のみなさんの解釈をリードするようなことをしたくないので。想像にお任せします。しかし、漏瑚は泣いていたので、非常に胸に刺さるモノはあったのだと思います。そういった表面的な雰囲気はとりあえず伝わると良いのですが。

――第1期では分散収録だったものが、第2期から少しずつ通常の形に戻っている部分もあるそうですね。やはり掛け合う相手がいると表現は変わりますか?

両面宿儺は、相手の言葉に影響を受けて心情が大きく変化するようなことはあまりないと思います。ここまで演じたシーンの中では、掛け合うことで表現に影響が出ることはないですね。

――いよいよ「渋谷事変」も放送終盤。視聴者に向けて、メッセージをお願いします。

ご覧になっているあなたには伝わっていると思うのですが、非常に高い熱量で制作されている作品です。「渋谷事変」はその後の展開に影響を与える非常に重要な要素も含んだエピソードなので、最後までどうぞお見逃しなく。引き続き応援よろしくお願いします!」

先行カット&あらすじ

第41話(第2期17話)「霹靂-弐-」
甚爾との戦闘で深手を負った伏黒は、たまたま居合わせた重面から不意打ちを受けてしまう。瀕死状態に陥ってしまった伏黒は重い足取りで必死に歩を運ぶ。道玄坂の広い交差点にたどり着いた伏黒は、自身の術式『十種影法術』によってある式神を呼び起こす―。

作品情報

「五条 悟は 然るべき時 然るべき場所 こちらのアドバンテージを確立した上で封印に臨む 決行は10月31日 渋谷」
2018年10月、特級呪霊による交流会の襲撃以降呪術高専内の緊張が高まる中、ついに内通者の正体が判明する。
果たして内通者は誰なのか、その目的とは―!?
そして、2018年10月31日。
ハロウィンで賑わう渋谷駅周辺に突如“帳”が降ろされ大勢の一般人が閉じ込められる。“一般人のみが閉じ込められる帳”という高度な結界術に加え、一般人を介して告げられた「五条 悟を連れてこい」という指名から、上層部は被害を最小限に抑えるために五条単独での渋谷平定を決定する。
罠を仕掛け待ち構える夏油や真人ら呪詛師・呪霊達、そこに単独で乗り込む五条、さらには“帳”の外側に集結した虎杖、伏黒、釘崎、七海、そして数多くの呪術師たち。
渋谷に集結した呪術師VS.呪詛師・呪霊のかつてない大規模な呪い合いがついに始まる―!!

【原作】「呪術廻戦」芥見下々(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
【制作】MAPPA
【放送】毎週木曜23:56~MBS/TBS系列全国28局にて放送中

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会