劇場長編アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間』草薙素子描くメインビジュアル第2弾公開

アイキャッチ画像

公開まで1か月に迫った劇場アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間』について、この度本作のメインビジュアル第2弾と劇場予告編映像が解禁となった。

 

新たに公開されたメインビジュアル第2弾は、本作のキャラクターデザインを手掛けるイリヤ・クブシノブの描き下ろしとなっており、クリエイティブレーベルPERIMETRONの神戸雄平がディレクションデザインを担当している。本作の主人公・草薙素子が左右で異なるタッチのイラストで描かれており、本作のテーマとなる<現実>と<電脳世界>、<ダブルシンク(二重思考)>が表現されており、手を差し伸べながらまっすぐとこちらを見つめている印象的なビジュアルは、シリーズのクライマックスに待つ物語の結末を予感させるものになっている。

 

一方の劇場予告編では挿入歌「Find Me」とともに草薙素子と人類の脅威“ポスト・ヒューマン”の少年・シマムラタカシとのシーズン2におけるクライマックスシーンからスタート。millennium paradeによる主題歌「No Time to Cast Anchor」が流れる中、本作のハイライトが点描され、シリーズの集大成となるラストへの期待が高まる映像に仕上がっている。本発表にあわせて本作の監督を務めた藤井道人氏からのコメントも到着している。

 

『攻殻機動隊 SAC_2045』は、1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」(講談社)が起点となった「攻殻機動隊」シリーズのアニメ最新作。『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの神山健治と『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志によるダブル監督、Production I.G×SOLA DIGITAL ARTSの共同制作により、11月23日(木・祝)から3週間限定・30館にて劇場公開が始まる。

監督/藤井道人氏コメント

『攻殻機動隊 SAC_2045』完結しました。
神山監督と、荒牧監督から受け取った、とても重いバトンをようやく観客の皆さまにお渡しできる日が来たことに、大きな安堵と寂しさを感じています。アニメーションと実写は、手法は違えど「伝えたい物語がある」という情熱は同じでしたし、支えてくださったスタッフの皆さまに心から感謝いたします。
是非劇場でお楽しみください。

『攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間』劇場予告編

1週目入場者プレゼント

特製ビジュアルシート
仕様: A4サイズ/両面
絵柄:メインビジュアル第2弾&イリヤ・クブシノブ描き下ろしイラスト
配布日:劇場公開初日11月23日(木・祝)~11月30日(木)

『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』アンコール再上映情報

『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』
上映期間:11月10日(金)~11月16日(木)[1週間限定]

『攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間』作品情報

Season 2を新たなシーンとともに劇場版として再構成
神山健治(総監督)× 荒牧伸志(総監督) × 藤井道人(監督)による「攻殻機動隊」、完結
士郎正宗によるサイバーパンクSFの金字塔「攻殻機動隊」シリーズ最新作

人々の意思が“電脳”に繋がれた近未来において電脳犯罪に立ち向かう全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる攻性の組織、公安9課。1989年に士郎正宗により発表された原作コミック『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群が展開されている「攻殻機動隊」。シリーズ最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』は、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの神山健治と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志が共同監督としてタッグを組み、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズのオリジナルキャストが再集結。Production I.G × SOLA DIGITAL ARTSにより制作され、シーズン1が2020年4月より、シーズン2が2022年5月よりNetflixにて世界独占配信が開始。また、シーズン1を再構成した劇場版『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』は2021年11月より劇場公開され、その鮮烈なSFアクションと、時代を予見した世界感とドラマにより、新たなファンを獲得し続けている。
前作『持続可能戦争』に続き、日本アカデミー賞6部門受賞の『新聞記者』や、『余命10年』の藤井道人が監督として、シーズン2を新たなシーンと視点により劇場版として再構成。シリーズ集大成となるラストが描かれる——。

【原作】士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社 KCデラックス刊)
【公開】2023年11月23日(木・祝)[3週間限定]
【アニメーション制作】Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS
【配給】バンダイナムコフィルムワークス 

©後藤武浩/©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会