ゲーム極振りスマホの新シリーズ「ROG Phone 7&Ultimate」海外発表:変態要素が盛りだくさん

アイキャッチ画像

ASUSのゲーミングブランド「ROG」は13日、オンラインの新製品発表会「For Those Who Dare」にて、新型ゲーミングスマートフォン「ROG Phone 7シリーズ」を発表した。

ゲーム全振りスマホとして知られる「ROG Phone」の最新シリーズとして投入される「ROG Phone 7シリーズ」には、ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの2つのモデルがラインナップ。SoCには現状最高性能を誇るクアルコム社の最新チップ「Snapdragon 8 Gen 2」を採用。進化した独自冷却システム「GameCool 7」、ROGチューニングなど、高性能かつ低消費電力で、圧倒的なモバイルゲーム体験を提供する。

 

高性能なことはもちろん、高性能が故に効率的な排熱が求められるゲーミングスマホだが、「ROG Phone 7」では最新の急速サイクル蒸気室設計により、熱の放散効率を最大168%向上。低温でフルスピードでゲームを実行できるようになった。また、オーディオについてもフラグシップならではのこだわりがあり、強力なサブウーファーを搭載し、2.1チャンネルサウンドを楽しめる「AeroActive Cooler 7」を搭載している。さらに、ゲーム特化スマホならではのカスタマイズ可能なAirTriggerハプティックボタン、ROG Gamingチームによる継続的なゲーム設定更新も搭載されている。

さらに、上位機種である「ROG Phone 7 Ultimate」は、背面に「ROG Vision」と称されるマトリックスカラーディスプレイを搭載しており、アニメーションやカスタマイズ機能を楽しめるという変態要素も健在。