Galaxy S23シリーズ3機種が発表!UltraはOISが2倍改善&Sペン対応、社長も自信満々

アイキャッチ画像

サムスンは、日本時間2月2日(木)に開催されたグローバル製品発表イベント「Galaxy Unpacked 2023」にて、Galaxyブランドのフラッグシップスマートフォン「Galaxy S23」シリーズ3戦品を発表した。

発表されたのは「Galaxy S23」「Galaxy S23+」「Galaxy S23 Ultra」の全3モデルで、SoCにはクアルコム社の現状最高性能のSnapdragon8 Gen 2を搭載し、 「Galaxy S23+」と「Galaxy S23」ではアウトカメラの縁取りを無くすことでミニマルなデザインになった。

カメラに関しては、最上位機種の「Galaxy S23 Ultra」が光学式手ぶれ補正(OIS)が従来のモデルより2倍改善したことで、低照度や通常はぼやけてしまうような状況でも全方向の角度で安定した動画撮影が可能だとアピールしている。そのほか30フレームでの8K撮影にも対応している。

本製品の発表に際しサムスン電子の社長は「Galaxy 23シリーズの全モデルが信頼できるプレミアムなスマートフォン体験の新しい先駆者となるでしょう。」とコメントしており、強い意気込みが伺える。

公式によるGalaxy S23、3つのポイント

①ナイトグラフィー(カメラ機能)
Galaxyが誇る革新的なAIを搭載した最先端のカメラ機能は、まるで映画のようなクオリティで夜間撮影ができる「ナイトグラフィー機能」などを備え、ユーザーは創造性をより自由に発揮することができます。

②ゲーム
「Snapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform for Galaxy」の搭載、革新的なAIと世界最速を誇るパワフルなグラフィックス性能とヴェイパーチャンバーを用いた強力な冷却設計により、最高のゲーム体験をユーザーに提供します。

③サステナブルなデザイン
「Galaxy S23 Ultra」では、Galaxyユーザーに長年親しまれているSペンを搭載し、作業効率のアップやメモ取り、趣味での活用など、更なる可能性を提供します。「Galaxy S23シリーズ」の新たなイノベーションとして、他のGalaxyスマートフォンよりも多くのリサイクル素材を使用した部品を採用することで、サムスンの持続可能な取り組みを表す印象的なデザインに仕上げました。