ラブライブのリズムゲーム「スクフェス」、サービス終了へ:スクフェス2へ一本化


アイキャッチ画像

ブシモは31日、『ラブライブ!』シリーズのスマートフォン向けリズムゲーム「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」について、3月31日にサービスを終了することを発表した。

今後、サービス終了に伴う有償発行分の「ラブカストーン」「各種勧誘チケット」の払い戻しなどを段階的に行っていくとしている。

同作は2013年に『ラブライブ!』シリーズ初のリズムゲームとしてリリースされ、後のスマホ向け音楽ゲームへ大きな影響を与えた。昨年9月にはスクフェスシリーズ最新作として「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル2 MIRACLE LIVE!」の制作を発表しており、こちらへの一本化の狙いがあるとの意見が見られている。

【関連記事】ラブライブのソシャゲ最新作「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル2 MIRACLE LIVE!」制作決定!

【サービス終了までのスケジュール(引用)】
・2023年1月31日16時00分 「ラブカストーン」「各種セット」「各種定額PASS」の販売終了
※お持ちの「ラブカストーン」「各種勧誘チケット」はサービス終了まで引き続きご利用いただけます。
※ご購入済みの各種定額PASSの効果については、その有効期限が終了するまで適用されます。
・2023年3月31日16時00分 「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」のサービス終了

【重要】サービス終了に関するお知らせ 2023.01.31