Twitterキャンペーンで同じ会社のアカウントが当選する珍事が発生

アイキャッチ画像

[GDC_row]
[GDC_column size=”half”]

12月13日、Twitter上である”珍事”が起こり話題になっていた。話題になっていたのはバンダイナムコエンターテインメントの公式アカウントが行ったTwitterキャンペーン。

[/GDC_column]
[GDC_column size=”half”]

[/GDC_column]
[/GDC_row]

本キャンペーンは運営するWebメディア「アソビモット」が「FUNFARE」(ファンファーレ)にリニューアルオープンしたことを記念して行われたもので、フォロー&リツイートで1000名にQUOカードPay500円分が当選するというよくTwitter上で見かけるもの。

そのツイートを同じ会社のTwitterアカウント「バンダイナムコエンターテインメントライセンス商品(公式)」が拡散目的でツイートしたところ、まさかのそのアカウントが当選してしまう結果に。同じ会社とはいえ、担当者が違うとのことで当選したアカウントは「告知協力でリツイートしました。取り消しお願いします」と追って返信する事態に。

キャンペーンツイートは当選者発表時には1万リツイートを超えており、非常に狭い門をくぐり抜けて身内アカウントが当たるという珍事に多くのTwitterユーザーから「当たることもあるのか…」といった驚きの声が相次いだ。

また、当該ツイートを解析してみると本キャンペーンはShuttlerockというSNSマーケティングツールを用いて行っていたことがわかり、「本当に偶然同じ会社のアカウントが当選してしまった」ことが見て取れる。

本キャンペーンは12月25日まで開催しているのでこれを機に参加してみてはいかがだろうか。