ソニー、VRChatにも対応した小型モーションキャプチャを発表 約5万円

ソニー、VRChatにも対応した小型モーションキャプチャを発表 約5万円

ソニー、VRChatにも対応した小型モーションキャプチャを発表 約5万円

ソニーは11月29日、小型で軽量なセンサーとスマートフォンのみで、モーションキャプチャーやVR(バーチャル・リアリティ)へのリアルタイムなモーション入力を実現するモバイルモーションキャプチャー「mocopi」(モコピ)を2023年1月に発売することを発表した。

プロモーションビデオでは「mocopi」を体に装着して、スマートフォンと簡単に接続し、3Dアバターと同期してダンスを楽しんでいる様子が見られる。モーションデータ取得にはソニー独自のアルゴリズムを使用することで、少ないセンサー個数で高い精度のモーション計測を実現していると説明。

加えてアバター動画の制作やデータ書き出しなどをスマートフォン単体で簡潔して行えるようにすることでモーションキャプチャの民主化や制作に携わるクリエイターを時間や場所の制約から解放することを目指している。

 

同製品はVRSNS・VRChatでも利用可能になるも併せて発表され、価格は約5万円。予約販売の受付開始は12月中旬にソニーストアにて販売を予定。予約受付に先立ち12月3日にメタバース上で開催される「バーチャルマーケット2022 Winter」とリアル開催も行われる「XR Kaigi2022」への出展も決定している。

本製品の発表に合わせてVRChatVRChat Inc. CTOのジェシー・ジョードリー氏がコメントを発表し、「今回、ソニーの『mocopi』の登場により、スタンドアローン型VRヘッドセット向けにも同機能を提供できることを嬉しく思う。『mocopi』と組み合わせて、あらゆるヘッドセットのユーザーにVRChatのフルトラッキング機能を存分に体験してもらいたい」と述べていた。

           

バーチャルカテゴリの最新記事