「COCOA」停止版は人によって更新タイミングが異なる 誤って消した場合の対処

「COCOA」停止版は人によって更新タイミングが異なる 誤って消した場合の対処

「COCOA」停止版は人によって更新タイミングが異なる 誤って消した場合の対処

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のサービス停止にともない、11月17日よりAndroid・iOS版の同アプリのアップデートの配信が開始された。

Androidでは機種によってアプデ時期にムラ

今回リリースされた最新バージョン3.0.0はいわゆる”停止版”で、COCOAの正常な利用停止を行うために必要なアップデートとして配布されている。

しかし、Android版「COCOA」の最新バージョン3.0.0へのアップデートが利用可能になるタイミングは利用している端末によって異なる場合があり、誤って従来バージョンのアンインストールを行わないように注意する必要がある。

例えば「COCOA」の最新バージョンは一方の端末では3.0.0、もう一方ではバージョン2.0.1といった表示になっており2.0.1と表示されている端末ではまだ”停止版”になっていない。

本件に関して厚生労働省は「最終アップデート版の配布は、対象を徐々に拡大し、およそ1週間程度以内を目途に、全ユーザの皆様への配布が完了する見込み」と述べている。

間違って消したとき

もし誤ってアンインストールしてしまった場合orいち早くアンインストールしたい場合、ただ単に「COCOA」を消しただけではOS側での解除がされておらずバッテリーを余計に消耗してしまうため機能停止の操作が必要となる。

Androidでは「設定→Google→COVID-19 接触通知システム」にある「システムの使用」をOFFにすることで完全停止される。

           

パソコン・モバイルカテゴリの最新記事