ケーブルテレビ(CATV)回線は本当に遅いのか。無理に光回線に乗り換える必要なし

ケーブルテレビ(CATV)回線は本当に遅いのか。無理に光回線に乗り換える必要なし

ケーブルテレビ(CATV)回線は本当に遅いのか。無理に光回線に乗り換える必要なし

皆さんこんにちは。今回はネットで不評なケーブルテレビ回線を契約したので本当に遅いのかを検証してみました。

結果から言うと普通に高速です。300Mbps超えます。

なぜ遅いと言われるのか。

確かに光回線よりかは遅いです。ではなぜ遅いのか。それはFTTN(Fiber to the Node)方式だからです。

FTTNって何って方は以下の画像を見たらわかると思います。

Wikipadiaから

いわゆるどこまでが光ファイバーケーブルなのかって話です。

一般的に言われている光配線方式の光回線は家の中まで光faberケーブルを引き込んでいるFTTHです。

ですがケーブルテレビ回線は家の手前まで光faberケーブルが通っておりそこからは低速の同軸ケーブルでの利用になるんです。

同軸ケーブルとはいわゆるテレビ線のことです。

そのケーブルを2つに分波器を使って分けてネットとテレビの両方を使えるようにしてるんです。

↑イメージ図です。適当ですんません、

これが遅い所以です。

 

検証条件

ケーブルテレビ大手のJ:COM貸与のモデムで5GHz帯で検証しました。

J:COMプランは絶対320Mプラン

J:COMはインターネットのプランとして以下のようなラインナップを用意してます。

  • 40Mプラン ?
  • 80Mプラン ?
  • 120Mプラン 3200円
  • 320Mプラン 3800円

絶対320Mbpsにしてください。高速じゃなくなります。なお上りは10Mbps固定なので諦めてください。

まぁというわけで320Mプランで検証しました。

検証地は某都区内です。

検証結果

18時(ピークタイム)

313Mbps

22時

256Mpbs

9時

310Mbps

14時

305Mbps

18時(土曜日)

311.9Mbps

まとめ

検証結果、速度は以下のようになりました。

18時 313Mbps
22時 256Mbps
9時 310Mbps
14時 305Mbps
18時(土) 311.9Mbps (有線接続)

なので心配な人、安心してください

あいつらは検証すらしてないくせに自称ITエンジニアと名乗って安心させて契約に導く金を得るゴミカスなので気をつけてください。

なので賃貸契約でしかたなくケーブルテレビ回線でもご安心を。ただし、320Mプランを選んでください。

私も相当ビビったんですけど300Mbps超えてて超意外でした。

むしろ集合住宅ならCATV良い!

CATV回線が故かなんか知らないんですけど、安定して最大速度を発揮してくれている点は素晴らしいと思うのでむしろ集合住宅奈良CATVアリのほうが良いかもしれません。

都心はなかなか自由に回線を選べないんで無理して光回線にする必要はアリません!!!

           

インターネットカテゴリの最新記事