AIで2次元キャラを生成するサービス開始!

AIで生成されたもの(画像/動画/テキスト)に著作権はあるのか。誰のものなのかを調べてみた。

未分類
この記事は約3分で読めます。

深層学習や強化学習でAIが生成したものに著作権があるのか。所有者は誰なのか。について調べてみました。

サムネイルがPythonじゃないとか言わないの(笑)

結論

先に結論から言うと多くの場合、以下のように定義されます。

生成されたすべてのビデオ、サンプル、およびモデルは、CC-0(パブリックドメインに相当)ライセンスの下でリリースされます。
パブリックドメイン=権利予約なし(No Rights Reserved)に区分されるってことですね。
要は生成物に著作権は誰にも帰属していません。
つまり無許可で以下のことができます。
  • 改変・改造 OK
  • コピー・譲渡 OK
  • 営利目的での販売 OK
パブリックドメインに関してはクリエイティブ・コモンズに詳しく書いてあります。

この作品は著作権法の既知の制約(隣接権や関連する権利を含む)から自由であると特定 されています。

この作品は、たとえ営利目的であっても、許可を得ずに複製、改変・翻案、配布、上演・演奏することが出来ます。下記のその他の情報も参照してください。


“No Rights Reserved”
CC0 enables scientists, educators, artists and other creators and owners of copyright- or database-protected content to waive those interests in their works and thereby place them as completely as possible in the public domain, so that others may freely build upon, enhance and reuse the works for any purposes without restriction under copyright or database law.

※ただし著作人格権は放棄していない場合が多いですが生成物は大して関係ないです。

判断の出典

以下の事例をもとに判断しました。

また、参考となる文献及びリリースは以下になります。

COPYRIGHTS IN COMPUTER-GENERATED WORKS: WHOM, IF ANYONE,DO WE REWARD?

Ex MACHINA: COPYRIGHT PROTECTION FOR COMPUTERGENERATED WORKS

Computer Generated Works and Copyright:Selfies, Traps, Robots, AI and Machine Learning

Who holds the Copyright in AI Created Art

The Machine as Author

Why Is AI Art Copyright So Complicated?

We’ve been warned about AI and music for over 50 years, but no one’s prepared: ‘This road is literally being paved as we’re walking on it

上記の著作権ポイントに従い、生成されたすべてのビデオ、サンプル、およびモデルは、CC-0(パブリックドメインに相当)ライセンスの下でリリースされます。

ただし、リストされているソースコードは、NvidiaのCC-BY-NCライセンスのStyleGANコードの派生物である可能性があり、CC-BY-NCである可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました