TGS2022、4日間の総来場者数は138,192人=速報値

TGS2022、4日間の総来場者数は138,192人=速報値

2022年9月15日から9月18日までの4日間ゲームの祭典「東京ゲームショウ2022」が開催され、イベント主催の一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会から4日間のリアル会場の総来場者数を発表された。

来場者数は【138,192人】で、4日間の内訳としては以下を参照。

  • 9月15日 23,051人
  • 9月16日 21,066人(ビジネス来場のみ)
  • 9月16日 6,548人(一般来場人数)
  • 9月17日 47,236人
  • 9月18日 40,291人

例年、平日2日間のゲーム関連企業の関係者などが参加できるビジネスデイと休日2日間の一般来場日に分かれていたが、今年は新型コロナウイルスによる来場者制限の影響でビジネスデーだった2日目の午後より一般来場が開始された。

「ゲームは、絶対、とまらない。」をテーマに3年ぶりのリアル会場を含むハイブリッド開催となったTGS2022は、コロナ禍 による制限の中、37カ国·地域から605の企業·団体が出展した。

コロナ禍前に開催されたTGS2019の来場者数は【262,076人】であったため、おおむね半数程度。ビジネスデーの2日間では2019年の2/3の来場を記録しており、一般来場よりも減少は少なかった。また最終日は関東を中心に局地的な雷雨も発生しており、天候面でも一部影響が見られた可能性もある。

なお、公式のオンライン配信やTGS VR 2022の来場者数は後日発表されるとのこと。

▶東京ゲームショウ2022 公式サイト

もっと見る

FLASH / 速報カテゴリの最新記事