デビュー中止も「ここで終わらせたくない」みけねこ、心機一転“再始動”の新プロジェクト「抗議はしないで」生配信で説明


アイキャッチ画像

VTuberとして活動するみけねこさんは1日、自身のYouTubeチャンネルにて生配信「私からお話があります」を実施。直近に発表されたアーティストデビューの中止に関する説明や今後について、視聴者に伝えた。

同配信は3時間23分にもわたっているが、要点を掻い摘むと、今後の展開として代替となるアーティスト企画「みけねこSongProject」を始動することが明らかになった。同プロジェクトは“みけねこ再始動”と銘打っており、「オリジナル曲の発表」「イベントやライブの企画開催」「積極的なグッズ展開」などを見込んでいる。

これに合わせて、同日に新たにXアカウント「みけねこ Song Project公式」と、公式ホームページを開設。「今まで以上にねこふぁみ(編注:ファンの総称)の皆様に楽しんで頂ける企画を展開予定です」として、新情報の発表を行う予定であるとした。

生配信で綴った“みけねこ”としての活動への思い

みけねこさんは2022年よりYouTubeチャンネルで活動を開始したVTuberとして、動画投稿やオリジナル楽曲を発表するなど、多面的に活動する傍ら、昨年より“恋糸りあ”としてバーチャル声優事務所・ぼいそーれに所属。大手レーベル「ポニーキャニオン」でのアーティストデビューが昨年末に発表され、今春のデビューが控えていたものの、先日4月30日に急遽「中止」となることが発表に。

前出配信ではみけねこさんが出演し、この件に関する説明と、自身の心境を報告。配信のチャットにて中止へと至った理由について聞かれると「ポシャった理由は言えない」として、「一部週刊誌の報道」「プライベートにおける係争」に起因するものではない、とする既出発表文を汲んだ回答を行った。

そのうえで、視聴者に対しては「一生懸命力に力になってくれたので」として「ポニキャン(編注:ポニーキャニオン)さんに抗議の連絡とかはしないで下さい」と、公式発表の範囲を超えるような憶測の流布や、他所への問い合わせなどは避けるよう理解を求めた。

そして、厳しい状況においても“再始動”に踏み切った選択については「(アンチなど)誰かの思惑があったとしても、それのとおりにさせたくなくない?だって自分にしたかったこと」と涙ながらに語ったほか、随所で「ここで終わらせたくない」と強い思いを届けた。