「東京ゲームショウ2024」9月26日より開催決定 グローバルでの競争力強化を図り、出展社増加も視野

アイキャッチ画像

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は29日、日経BPや電通らと共同で「東京ゲームショウ2024」(TGS2024)を開催することを発表した。会期は2024年9月26日(木)から29日(日)の4日間で、初日と2日目がビジネスデイ、最終日とその前日が一般公開日となる。

開催形態は昨年に引き続きリアルとバーチャルのハイブリッドを予定しており、リアル会場では幕張メッセ(千葉)を中心に展開する。さらに、今年より、バーチャル会場の名称を「TOKYO GAME SHOW VR」から「TOKYO GAME SHOW Digital World」へと改め、PC、スマートフォン、VR機器で利用可能なデジタルコンテンツを提供する予定も明かした。

「東京ゲームショウ」はCESAが主催するゲーム関連産業イベントとして、毎年9月頃に開催。昨年開催されたTGS2023は、直近のコロナ禍における規模縮小から回復する形で、幕張メッセ全館を使用して開催、出展社数、出展小間数、出展タイトル数が過去最高を記録していた。

世界のゲームユーザーは30億人を超え、市場はますます活性化、多様化を遂げる中で、TGS2024は「グローバルなゲームイベントとして競争力を強化」を目標として掲げており、海外からの出展社と来場者の誘致を強化するとともに、海外ビジネスパーソンのニーズに応えるための国際商談の充実化を図る。またリアル会場においては、会場の配置を見直し、出展可能な総小間数を拡大、混雑緩和のため大規模出展社の分散化を図るという。