今夏放送アニメ『恋は双子で割り切れない』AJ出展で“双子♡ビジュアル”公開 追加キャスト3名も発表


アイキャッチ画像

2024年7月よりテレビアニメ化が控える、電撃文庫『恋は双子で割り切れない』について、本作が翌月3月23日(土)と24日(日)の2日間に開催予定の「AnimeJapan 2024」に出展することが決定した。

当日はKADOKAWAブースとインフィニットブース内で展示が行われるほか、キャスト登壇によるトークイベントも予定されている。また、これにあわせて、琉実&那織のAJ特別イラストが公開に。人でハートを作る姿がキュートな描き下ろしビジュアルとなっており、会場では本イラストを使用した配布物の頒布も行われる。

また、アニメ化情報として先日のメインキャスト公開に続き、新規キャラクター情報が発表に。それぞれを担当するキャストからはコメントも到着している。

AJ出展情報

TV アニメ「恋は双子で割り切れない」スペシャルステージ~AnimeJapan は双子で割り切れない~
日時:2024 年 3 月 24 日(日) 11:20~11:50
場所:KADOKAWA ブースステージ(東 6 ホール J-49)
出演:坂田将吾(白崎純役)、後本萌葉(神宮寺琉実役)、内田真礼(神宮寺那織役)
司会:福原かつみ(森脇豊茂役)

スペシャル展示
場所:インフィニットブース(東2ホール A17)
内容:神宮寺琉実&神宮寺那織制服展示、ビジュアル展示、スペシャルボイス放送等

描きおろしイラスト使用したスペシャルノベルティ配布
KADOKAWA ブースステージ(東 6 ホール J-49) 神宮寺琉実カード
インフィニットブース(東2ホール A17) 神宮寺那織カード

新キャラクター情報+キャストコメント

森脇豊茂 CV:福原かつみ
女好きで、気になった子がいればすぐに告白する軽薄者。純と那織の三人が揃うとオタク趣味が白熱する。
あだ名は「教授」。

森脇豊茂役の福原かつみです!森脇はなんとも面白い男です。
時には純たちにアドバイスをしたり、かと思えばすぐエロい話に突入したり。
演じていてとても楽しいキャラクターでした!
ふたきれの現場は和気藹々としていて、収録が永遠に続けばいいとさえ思っています(笑)
本編ではラブコメ要素はもちろん、ディープなネタが飛び交う会話劇にも注目していただきたいです!
ぜひ放送をお楽しみに!

浅野麗良 CV:池田海咲
琉実の親友で、中学の頃から一緒にバスケをしてきた仲。恋愛も経験豊富で彼氏持ち。那織のことはちょっと苦手。

「恋は双子で割り切れない」にて、浅野麗良を担当させて頂きます、池田海咲です。
麗良は琉実の親友で、恋愛経験豊富な彼氏持ち、という大人びたキャラクターです。
麗良をかっこいい!と思ってしまう自分を封印し、琉実を支える部分に注力して演じさせていただきました。
純、琉実、那織の恋愛模様と、他にも沢山の魅力的なキャラクター達に、タイトル通り割り切れない!という気持ちでヤキモキしながら楽しんで頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

亀嵩璃々須 CV:大野柚布子
那織と仲の良い小柄な眼鏡女子。美術部所属。優等生としているが、口の悪い那織とも丁々発止でやり合う。
あだ名は「部長」

「部長」こと亀嵩璃々須ちゃんの声を担当させていただきます、大野柚布子です。
ふたきれ、原作も読ませていただいてるのですが、毎回「きゃー!!どうなるの?!!?!!白崎くんーーー!!!!!」と叫びながら、割り切れない白崎くんを楽しませていただいてます。笑
きっと亀嵩ちゃんも那織ちゃんの隣という特等席で存分に楽しんでいるのだろうな…!と思ってます。
ちなみに、あだ名は部長ですが部長じゃないんです!
なぜ部長なのかというところにも、分かるとふふっとなる小ネタがあったりします…!他にもそんな小ネタが毎話沢山つまっている所もふたきれの魅力だと思うので、ぜひそこも注目しながら観ていただけたらなと思います!

作品情報&原作情報

いつまでも、ただの幼なじみじゃ居られない──
初恋こじらせ系双子ラブコメ開幕!
白崎純と琉実・那織の神宮寺姉妹は小さいころから家族同然で育った幼なじみ。
見た目ボーイッシュで乙女思考な姉・琉実と、外面カワイイ本性地雷なサブカルオタの妹・那織。
顔はそっくりだけど全く正反対な 2 人。
純はいつからか芽生えた恋心を抱えながらも、特定の関係を持つでもなく交流は続いていたのだけれど……
「わたしと付き合ってみない? お試しみたいな感じでどう?」琉実が発したこの一言が、3 人をいびつな三角関係へと導いていく――

恋は双子で割り切れない (電撃文庫)

恋は双子で割り切れない (電撃文庫)

高村 資本
624円(04/22 03:48時点)
発売日: 2021/05/08
※プロモーションを含みます

©2023 髙村資本/KADOKAWA/ふたきれ製作委員会