今冬はガンダム求めて北海道へ!さっぽろ雪まつりに初出展で「巨大ガンダム雪像」登場

アイキャッチ画像

2月4日(土)より大通公園(札幌市)を中心に開催予定の「さっぽろ雪まつり」に「ガンダムプロジェクト」が初めて出展することが15日、発表された。

今年のさっぽろ雪まつりでは、2024年1月26日(金)に公開を控える劇場アニメ『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のプロモーションの一環として「ライジングフリーダムガンダム雪像」を展開することが決定。雪像とともに関連商品の販売や展示を行うフルラッピングブースも設置されるという。

会場は大通会場7丁目のHBCドイツひろばで、設置期間は雪まつりの会期に準じて2024年2月4日から2月11日まで。同イベントは日本国外からも多くの観光客が訪れることから、劇場作品の宣伝とともに「ガンダムシリーズを国内外の人々に知ってもらう」狙いもうかがえる。

さらに、北海道の玄関口・新千歳空港では劇場公開日の1月26日(金)からガンプラの公式総合施設THE GUNDAM BASEを主体としたオフィシャルイベント「THE GUNDAM BASE POP-UP in NEW CHITOSE AIRPORT」が開催。イベントではTHE GUNDAM BASE限定商品や新商品の発売、ガンプラの組立体験会、『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のウォール展示、ガンダムスタンプラリーなどが行われる予定だ。

ライジングフリーダムガンダム雪像

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』ライジングフリーダムガンダム
会場:大通会場7丁目HBCドイツひろば
内容:小雪像、展示・物販ブース
開催期間:2024年2月4日(日)~2月11日(日・祝)

 「THE GUNDAM BASE POP-UP in NEW CHITOSE AIRPORT」
期間:2024年1月26日(金)〜2月11日(日)
時間:10時〜18時(最終入場 17時45分)
会場:新千歳空港 国内線旅客ターミナルビル 2階 センタープラザ

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』作品情報

2024年1月26日(金)公開

C.E.(コズミック・イラ)――
遺伝子を調整し、生まれながらにして優れた身体能力や頭脳を持つ人類(コーディネイター)と自然のままに生まれた人類(ナチュラル)が存在する時代。
「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ」は、このC.E.を舞台にコーディネイターとナチュラルの間の戦いを描いた作品である。
2002年、C.E.71からを描いた『機動戦士ガンダムSEED』、2004年、C.E.73からを描いた『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』がTVアニメとして放送され、その後も様々なメディアで展開された。
そして2024年1月26日、C.E.75を完全新作ストーリーで描く『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』がファン待望の劇場公開!

©創通・サンライズ