バンドリ!新バンド「Ave Mujica」2025年1月にアニメ化決定 “仮面”で覆われた独特な世界観に注目

アイキャッチ画像

バンドリ!プロジェクトの新バンド「Ave Mujica」による新作アニメ『BanG Dream! Ave Mujica』について、本作が2025年1月に放送予定であることが発表された。1月6日に開催された新情報発表イベント「ブシロード新春大発表会2024」内で明らかとなった。

『BanG Dream! Ave Mujica』は「BanG Dream!(バンドリ!)」プロジェクトのTVアニメ新シリーズとして、昨年夏に放送されたTVアニメ『BanG Dream! It’s MyGO!!!!!』の放送終了後に「鋭意制作中」として発表されていた。本作は他のバンドリ!作品と連続した設定で物語が進行することが想定されており、『BanG Dream! It’s MyGO!!!!!』では最終話となる#13「信じられるのは我が身ひとつ」にて「Ave Mujica」の一端と「MyGO!!!!!」たちとの接点も垣間見ることができる。

同作で中心的に描かれることとなる「Ave Musica」は「バンドリ!」プロジェクトから生まれたガールズバンドとして、佐々木李子(リードギター&ボーカル担当、三角初華(Vo/Gt)、若葉睦(Gt)、八幡海鈴(Ba)、祐天寺にゃむ(Dr)、豊川祥子(Key)の5人のキャラクターで構成される。

2023年の発表と活動開始以降「黒のバースデイ」「神さま、バカ」をはじめとする多数の新規楽曲をリリースしており、直近リリースの「素晴らしき世界 でも どこにもない場所」では公開7日で49万再生を突破していた。いずれも重厚感あるメタル調のメロディが特徴的で、映像に出演するメンバーは全員“仮面”を被るという独特な世界観が早くもバンドリ!ファンの間で話題に。

リアルバンドとして、それぞれのキャラクターを担当するキャストによるリアルライブイベントなども展開を予定しており、さっそく1月27日には横須賀芸術劇場にて0thに次ぐライブイベント「Ave Mujica 1st LIVE「Perdere Omnia」」も控えている。

©BanG Dream! Project