YOASOBI、Mステ特番で最新曲「Biri-Biri」テレビ初披露 大晦日には紅白で「アイドル」歌唱

アイキャッチ画像

テレビ朝日系列にて22日夜に放送された音楽特番「ミュージックステーション SUPER LIVE 2023」にて、音楽ユニットのYOASOBIが最新曲「Biri-Biri」をテレビ初披露した。

YOASOBIは、ボーカルのikuraとコンポーザーのAyaseからなるユニット。2019年に「夜に駆ける」が爆発的なヒットを記録すると、次々とヒット曲を輩出。直近では本年4月にアニメ『【推しの子】』オープニング主題歌として「アイドル」をリリース、史上最速で累積再生数5億回を突破する社会現象を巻き起こした。

「Biri-Biri」は、Nintendo Switchソフト「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」の発売1周年を記念して制作されたオリジナル小説「きみと雨上がりを」を原作に書き下ろされた楽曲として、2023年11月18日にリリース。日英同時配信でYouTubeにて公開されているミュージックビデオは890万再生を超える。

「ミュージックステーション SUPER LIVE 2023」には番組終盤の22時50分頃に登場すると、年末に準えお雑煮に関する話題を司会のタモリさんと繰り広げたり、台湾でのイベント開催時にポケモンセンターに行った際の写真などを紹介したりと簡単なトークが行われたのち、満を持して「Biri-Biri」を披露。

YOASOBIならではの疾走感あふれるサウンドとゲームミュージックを彷彿とさせるメロディが印象的な本楽曲を生バンドで歌い上げ、パフォーマンス中にはポケモンが会場に現れる特別なAR演出でノリノリなお二人も伺えた。番組視聴者や現地会場に参加したファンからは「最高でした」との感想が多数SNSで投稿された。

なお、YOASOBIは12月31日大晦日に放送を予定している「第74回NHK紅白歌合戦」に3回目の出場を控えており、22日に発表された曲目にて前述の「アイドル」を満を持してテレビ初披露することが明らかに。今回のMステ特番での最新曲披露は単体としての魅力にとどまらず、“大本命”とも言える紅白出場への期待がより一層高まるようなステージだった。