『七つの大罪 黙示録の四騎士』配信前のニューヨークで小村将×戸谷菊之介がトーク。それぞれの気になるキャラとは

アイキャッチ画像

去る19日に米・ニューヨークで開催されたアメリカ最大級の日本ポップカルチャーイベント「Anime NYC 2023」にて、現在放送中のTVアニメ『七つの大罪 黙示録の四騎士』プレミアパネルイベントが行われた。イベントでは第1話本編の上映が実施された後、メインキャストよりパーシバル役の小村将さん、ドニー役の戸谷菊之介さんが登壇したトークイベントが行われた。

初めて「Anime NYC」イベントを訪れたというお2人は、熱狂的とも言える会場の様子について「めちゃくちゃ人がいっぱいで会場も大きくてびっくりしました!」(小村さん)「コスプレしている人もいっぱいいて、カッコよかったです!コスプレSWAG!」(戸谷さん)とコメント。まずは上映されたばかりの第1話の感想を伺うことになり、小村さんは、第1話の収録時に大変だったことを聞かれ、「初めての主演なのに大御所声優さんばかりでとても緊張しました。緊張しすぎて台本が手汗でぐちょぐちょになってしまいました。」と収録時の苦労を明かす。

また、ドニー役として第2話から登場となる戸谷さんに、第1話の好きなシーンを伺うと「僕はまだ出番がなかったのですが、1話のアフレコを見学させてもらいまして、パーシバルとじいじのシーンは感動して泣きそうになりました。」と思い入れたっぷりに感想を答えた。

続いて、たくさんの個性的なキャラクターが登場する本作で、それぞれのお気に入りを尋ねると、「僕は“ペルガルド”です。パーシバルと関わる事が多くてライバル的な存在になります。今後のパーシバルとペルガルドの絡みに注目してください!」(小村さん)、「僕は“シン”ですね。仲間にはなるんですが、まだ正体を明かしてなくてミステリアスな所がカッコいいです。」(戸谷さん)との回答があり、キャラクターのイラストとともに、その魅力についても紹介された。そして、原作の鈴木先生が毎回収録に訪れ、丁寧に進めていったというアフレコ現場の様子についても、「小村くんも言っていましたが、周りの声優さんがベテランばかりなんですが、その人達がすごいふざけるんです(笑)。特にアーサーの騎士たちがみんな演技が面白いのでそこにも注目して見て欲しいです。」と収録時を振り返って感想を語った。

日本では11月19日に第6話までオンエアされており、今後放送となる中盤以降のポイントについてもいち早く紹介。小村さんは「お話が進んでいくと色んなキャラクターが出てきます。その中でもしかしたら『七つの大罪』の人気キャラも出てくるかもしれません。」、戸谷さんは「ドニーはビビりですぐ逃げるし叫んだりするキャラなんですが、安心してください!活躍するシーンもちゃんとあります!」と、それぞれが期待する見どころを紹介し、集まったファンも熱心にトークに聞き入っていた。

さらに、「Anime NYC」に集まったファンのために、原作者の鈴木央先生からのメッセージも贈られ、会場から大きな拍手が贈られた。また、Anime NYCスペシャルトレイラーもこの日のために用意され、アニメ『七つの大罪 黙示録の四騎士』の最新映像が会場で公開となった。Netflixでは2024年1月31日より独占配信予定。

小村さん「本当に今日は皆さん来てくれてありがとうございます!これからパーシバル達の冒険が始まってどんどん成長していきます。そして美しい景色が広がるブリタニアの世界を皆さんも一緒に冒険しましょう!」
戸谷さん「今日は来てくれてありがとうございます!これから『黙示録の四騎士』がアメリカでもNetflixでも見られるようになって沢山見て、楽しんでいただけたら嬉しいです。」

TVアニメ『七つの大罪 黙示録の四騎士』プレミアパネル(「Anime NYC 2023」)
開催日時:2023年11月19日(日)12:30~13:30(現地時間)
会場:Anime NYC 2023(アメリカ・ニューヨーク)
登壇:小村将(パーシバル役)、戸谷菊之介(ドニー役)