アニメ『百千さん家のあやかし王子』から収録中の川井田夏海&大塚剛央が魅力語る 最新映像も解禁【AOF2023】

アイキャッチ画像

累計74万部を突破した、硝音あや先生による“あやかし系和風ファンタジー”漫画『百千さん家のあやかし王子』。TVアニメ化が発表され、ますます注目を集める本作が9月10日に開催されたアニプレックス主催の新情報発表イベント「Aniplex Online Fest 2023」(以下「AOF2023」)に登場。

AOF2023では本作のステージイベントが開催され、百千ひまり役・川井田夏海さんと、謎の少年・七守葵/鵺役・大塚剛央さんが登壇し、ティザーPV第2弾や追加キャストなどの新情報が多数解禁となった。

 

本作は、現世(うつしよ)と幽世(かくりよ)の狭間に建つあやかしの家「百千家」の少女・百千ひまりが、亡くなった両親より16歳の誕生日プレゼントとして“家”を受け取るところから物語がはじまる。家に住む、個性豊かな“先住人”たちとの摩訶不思議な共同生活が描ている。

ステージが始まりお二人が登壇すると、さっそくストーリー紹介が届けられた。続けて、ひまり役の川井田さんと七守葵/鵺役の大塚さんが自身の演じるキャラクターについて紹介すると、天涯孤独の身で「家族の絆」にあこがれを持っている百千ひまりについて、川井田さんは明るく前向きで元気な女の子とコメント。

 

大塚さんは、葵については、天然で優しい青年と紹介。また、鵺となった時の妖艶な魅力についても語った。

続けて、最新PVが公開されるとともに、追加声優が解禁に。紫(ゆかり)役を立花 慎之介さん、伊勢(いせ)役を小野 友樹さんが担当し、2024年の放送であることが明かされた。

PVでは、百千家に住んでいるあやかしたちが住む百千家の謎が垣間見えるほか、戦闘シーン、さらにはキスシーンまで…盛り沢山な内容に仕上がっており、さらなる期待が寄せられた。本作は現在収録中ということで、アフレコ現場についてもトークが展開。最後に、川井田さんが放送を待ち望んでいるファンへメッセージをおくり、ステージを締めくくった。

アニメ『百千さん家のあやかし王子』作品情報

僕の姿をみてはいけないよー

16歳の誕生日に突如送られてきた遺言状により「百千家」を相続することになった、ひまり。
地図を頼りに辿り着くと、そこには葵と名乗る謎の少年のほか、紫・伊勢と呼ばれる先住人が……!
「百千家」は“現世”と“幽世”のはざまに建っている家のようだ。
さらに、その家の中心人物である「葵」にも何やら秘密があるようでーー。

あやかし系和風ファンタジー、ここに開幕――!!

【原作】硝音あや『百千さん家のあやかし王子』(あすかコミックスDX/KADOKAWA刊)
【アニメーション制作】ドライブ
【放送・配信】2024年未定
【キャスト】百千ひまり:川井田夏海,七守葵/鵺:大塚剛央,紫:立花慎之介,伊勢:小野友樹

(C)2023 硝音あや/KADOKAWA/百千さん家のあやかし王子製作委員会