アニメ業界特集が反響を呼んだ「東洋経済」による特別トークイベント開催 業界人も交えて裏側に迫る


アイキャッチ画像

ビジネス誌「週刊東洋経済」の5月27日号にて掲載され、大反響を呼んだ特集企画「アニメ 熱狂のカラクリ」について、この度特別トークショーの開催が7月25日に決定した。

会場はLOFT9 Shibuya(渋谷)で本特集を制作した「週刊東洋経済」編集部に加えて、アニメビジネスに詳しいジャーナリストの数土直志さん、アニメプロデューサーの真木太郎さんが登壇。特集に盛り込むことができなかったアニメ業界の裏話や秘話を聞くことができるという。会場チケットは現在先着販売中。

https://t.livepocket.jp/e/u30j_

※以下、「週刊東洋経済 2023/5/27号(アニメ 熱狂のカラクリ)」より※

週刊東洋経済 2023/5/27号(アニメ 熱狂のカラクリ)

週刊東洋経済 2023/5/27号(アニメ 熱狂のカラクリ)

週刊東洋経済編集部
410円(07/13 12:40時点)
発売日: 2023/05/22
※プロモーションを含みます

過去10年で市場規模は2倍以上に拡大。そんな急成長産業がアニメだ。映画では興行収入100億円超え作品が続々登場するなど、今や国民的カルチャーとなった。一方で制作現場が利益を得にくい構造など根深い問題は残る。沸騰するアニメビジネスの最前線を追った。

【特集】アニメ 熱狂のカラクリ
part1 熱狂!アニメマネーの全貌
10年で市場規模は2倍以上に アニメマネー、世界で乱舞
[インタビュー]エンタメ社会学者のアニメ産業展望 ]海外市場5兆円へ、課題は「ビジネス人材」不足 Re entertainment 代表 中山淳雄
製作委員会は「カネ余り」 プロダクションは「豊作貧乏」
出版社がボロ儲け 狂乱のIPバブル
[コラム]「パチンコ」アニメ版権の明暗
[インタビュー]バンダイナムコホールディングス 社長 川口 勝
アニメーター賃金に異変 氷河期から「二極化」へ
[トップインタビュー]アニメ制作スタジオの風雲児 2社が挑む「業界の悪習」打破 トムス・エンタテインメント 社長 竹崎 忠/MAPPA 社長 大塚 学
セクハラは依然「日常」 声優たちの過酷な境遇
ほか
[特別付録]こんなにある! 垂涎のアニメ関連銘柄 「アニメ四季報」

オタク総研編集部

著者 オタク総研編集部
アニメやゲーム・ITから最新ガジェットまで幅広い内容をオタク総研編集部やライター陣が深掘りしてお届けします!