新発売:アバター同士で”頭を撫でる”接触を伝えるデバイス=VRChatで利用可能、22,000円


アイキャッチ画像

頭部装着型触覚フィードバックデバイス「nadeXnade」が5月17日20時より予約販売にて登場。価格は22,000円で発売者との株式会社ジンテクスが運営する公式サイトより注文することができ、7月上旬発送予定。

本製品は装着することでアバター同士での”頭を撫でる”行為を振動を通じて伝えるコミュニケーションデバイス。あくまで振動という形で接触を伝えることが目的なため、撫でられる感覚を忠実に再現するものではない。

VRSNS「VRChat」上での利用が前提となっており、同サービスが提供するAvatar Dynamics機能を用いて触覚データをPC/HMDから本製品にネットワーク伝送(OpenSound Control)することで実現している。カスタマイズ性についてもnadeXnade専用ソフトウェア “Xintechs Hub”を用いることで振動力や振動の周波数を変更できるほか、最大4つのnade×nadeを同時制御可能と拡張性にも優れている。重量は165g。