〈無料配信〉超会議名物”ボカロ✕伝統芸能”で贈る「超歌舞伎2023」が今年も開催。「ロミオとシンデレラ」の世界観を融合


アイキャッチ画像

いよいよ明日4月29日と明後日30日に幕張メッセにて開催される「ニコニコ超会議2023」、毎回恒例となる大型企画の一つ「超歌舞伎 Powered by NTT」が今年もパワーアップして登場。

【ニコニコ超会議2023記事一覧】イベント情報から現地レポートまで

「超歌舞伎」は、2016年に初めて「ニコニコ超会議2016」で上演され、歌舞伎俳優の中村獅童とボーカロイドキャラクターの初音ミクが共演する、伝統文化と最新テクノロジーが融合した新しいスタイルの歌舞伎公演。今年で8年目を迎える「超歌舞伎 Powered by NTT」では、2021年に初演された『御伽草紙戀姿絵』を技術面などでスケールアップした演出で上演するとともに、澤村國矢が主演を務めるリミテッド・バージョンの公演も予定されている。

本公演は「ニコニコ超会議2023」の会期両日にてそれぞれ2公演、全4公演が予定されており、中でも2日目13時からは「リミテッド・バージョン」となっている。なお、現地観覧は超会議入場別途のチケット制だが、ニコニコ生放送での生中継は前編無料にて視聴可能となっている。

今回上演される『御伽草紙戀姿絵』は、土蜘伝説を題材にした歌舞伎作品を基に、初音ミクの代表曲の一つ『ロミオとシンデレラ』の世界観を融合し、新規に書き下ろされた演目。七綾太夫と源頼光の恋を軸に、日本を魔界にしようと企む女郎蜘蛛などの物の怪たちの野望の顛末、平井保昌と袴垂保輔兄弟の活躍が描かれている。舞台演出では、NTTが開発した超高臨場感通信技術「Kirari!」を活用した“分身の術”や、NTTが研究開発中のAI技術「Another Me」による、中村獅童の声や表情、身振りを学習した本人そっくりの「獅童ツイン」が登場。会場には観客席に没入感を体験できる新しい空間音響演出が用意され、最新技術と伝統芸能の融合を楽しむことができる。

配信情報など:https://chokaigi.jp/2023/plan/chokabuki.html

イベント情報

-超歌舞伎 Powered by NTT公演 : 御伽草紙戀姿絵(おとぎぞうしこいのすがたえ) –
◆日 時 : 4月29日(土)【第一部】13:00〜/【第二部】16:00
4月30日(日)【第一部】13:00〜(リミテッド・バージョン)/【第二部】16:00〜
◆出演者 : <本公演>
源朝臣頼光 / 袴垂保輔:中村獅童
傾城七綾太夫実は将門息女七綾姫:初音ミク
坂田怪童丸金時:小川陽喜
奴萬平:中村獅一
平井保昌:澤村國矢
山姥茨木婆:中村蝶紫  ほか
<リミテッド・バージョン>
源朝臣頼光 / 袴垂保輔:澤村國矢
傾城七綾太夫実は将門息女七綾姫:初音ミク
平井保昌:中村獅一
山姥茨木婆:中村蝶紫
坂田怪童丸金時:中村獅童  ほか
◆脚 本 : 松岡亮
◆演出・振付 : 藤間勘十郎
◆劇中曲 :  『ロミオとシンデレラ』 /作詞・作曲 doriko(https://www.nicovideo.jp/watch/sm6666016
◆主 催 : ニコニコ超会議実行委員会
◆製 作 : 松竹株式会社/株式会社ドワンゴ
◆制作協力 : クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
◆超歌舞伎協賛/技術協力 : NTT
◆チケット価格 : <本公演>超プラチナチケット 12,000円 / 超アリーナS席 8,000 円 / 超アリーナA席 6,000 円
<リミテッド・バージョン>超プラチナチケット 9,000円 / 超アリーナS席 6,000 円 / 超アリーナA席 4,000 円
※「ニコニコ超会議2023」入場券つき
◆チケット販売 :
https://dwango-ticket.jp/project/NeiRjJrrFK(ドワンゴチケット)
https://eplus.jp/chokabuki/(イープラス)
※チケットは先着順販売のため、売切次第終了
◆視聴URL(視聴無料):<ニコニコ>
2023年4月29日(土) 13時~ https://live.nicovideo.jp/watch/lv340135037
2023年4月29日(土) 16時~ https://live.nicovideo.jp/watch/lv340135219
2023年4月30日(日) 13時~ https://live.nicovideo.jp/watch/lv340135240
2023年4月30日(日) 16時~ https://live.nicovideo.jp/watch/lv340135272

◆あらすじ
日本を魔界にしようと画策した女郎蜘蛛は、源頼光の家臣平井保昌に討たれますが、山姥茨木婆はその復活を企てます。
ところが、こうした妖怪たちを倒す秘法を、その場に居合わせた盗賊の袴垂保輔が手に入れます。
一方、平将門の遺児七綾姫は、父の無念を晴らすべく都の廓に潜み、七綾太夫と名乗っています。
やがて七綾太夫は、父の仇である源頼光と出逢い、相思相愛の仲となってしまいます。
しかしある夜、七綾太夫は、袴垂保輔に殺害されてしまいます。実は保輔は平井保昌の弟であり、
兄の苦衷を察して七綾太夫を殺し、その手柄で勘当を許して貰おうと考えたのでした。
そんな保輔の思いとは裏腹に、茨木が七綾太夫の遺骸に女郎蜘蛛の血を注ぎ、異形の物の怪として復活させます。
そして七綾太夫の亡魂は頼光に襲いかかり、これを坂田怪童丸金時や保昌が防いでいきますが……。