〈AJ公式レポ〉ソニーの最新技術で『絆のアリル』登場キャラとコミュニケーション(アニマックスブース)

アイキャッチ画像

アニメ専門チャンネルのアニマックスは3月25日・26日に東京ビッグサイトにて開催中の「AnimeJapan 2023」にブース出展を行い、コンテンツと最先端テクノロジーのコラボレーションをテーマにした体験型ブースを展開している。

【AnimeJapan記事一覧】アニメのすべてが、ここにある―新作アニメ情報からキャストイベントまでチェック

中でもいよいよ来月に放送を控える春アニメ「キズナアイTVアニメプロジェクト『絆のアリル』」に関してオフィシャルレポートが到着した。

本作は本作はWIT STUDIOとシグナル・エムディがタッグを組んで贈るバーチャルYouTuber・キズナアイのTVアニメプロジェクトとしてバーチャルアーティストを目指す少女たちが、絆でつながる物語を描かれる。4月3日よりテレビ東京系列にて放送が予定されている。

そんな本作をプロモーションすべくアニマックスブース内に特設コーナーが登場。本ゴーナーではソニー・ミュージックソリューションズが開発した対話型キャラクターエージェントCHELULUの技術により『絆のアリル』に登場するミラクとの対話を楽しめるという。

また、ブースでは昨日3月25日13時より同作のステージイベントも解砕され、ミラク役の日原あゆみさん、クオン役の川口莉奈さん、ノエル役の貫井柚佳さん、クリス役の小玉ひかりさん、リズ役の塙有咲さんが登壇。

自分と似ているところ・似ていない部分を含めたキャラクター紹介コーナーでは、日原さんは「あまり深く考え過ぎないところが似ている。ただ、ミラクちゃんは常に120%のテンションだけど、私は初対面のときはおとなしめと言われることが多い」と自身のキャラクターの魅力を力説した。それに対して川口が「ふだんとミラクちゃんを演じるときで声のトーンが違って驚いた」、塙も「ギャップがあるよね」と続けてコメントしていた。キャラクター紹介中は他登壇者がしばしば頷いている様子が見られ、作品通りに5人の絆を感じるステージとなったという。