「ドームで野球をしてはいけません!」東京ドームに現れた”のぼり”が秀逸だと話題

アイキャッチ画像

2月11日と12日の2日間、東京ドームに現れたある”のぼり”が一部のSNSユーザー間で「秀逸だ」として話題になった。

端的に説明するとこの「ドームで野球をしてはいけません!」と書かれた”のぼり”は、同日に開催された『アイドルマスター』シリーズ5ブランドが出演した合同ライブイベント「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!!!! 2023」内で行われた一般公募企画「東京ドームを彩ろう!オリジナルのぼりプロデュース権販売」にて制作されたもの。

※アイドルマスターシリーズとは、バンダイナムコエンターテインメントが展開するアイドル育成シミュレーションゲーム、及びそのメディアミックス作品群。

では野球場である東京ドームに何故?と首を傾げる方がほとんどであると思われるが、アイマスのプロデューサー(ファンの総称)から「なるほど」「秀逸だ…!」という声が相次いだ。

というのも、この「ドームで野球をしてはいけません!」はアイドルマスターのブランドの一つ『ミリオンライブ!』に登場するネタのパロディであり、同作のスマートフォン向けゲーム「ミリシタ」内にて見ることができる張り紙が元ネタとなっている。

同作に登場するアイドル(キャラクター)”永吉昴”たちが屋内で野球をしようとするのを辞めさせるための文言がゲーム内の至る所に見られ、今回東京ドームにて”のぼり”として掲示されたのは場所の部分を変えたものだった。「〇〇で野球をしてはいけません!」ネタはゲーム公式の展示会の際に用いられており、東京ドーム現地では多くの方が写真に収めていた。

 

昨年6月開催の「ミリシタ5周年記念展」にて


“のぼり”の制作者は作品内で張り紙を貼ったとされるアイドル”田中琴葉”の担当Pで、今回の公募に際し「非常に多くの注目を頂き、嬉しく思います。」「一生の宝物です。」と思いを馳せていた。

たしかに、”のぼり”をよく見てみると上部に「2月11日と12日は」という但し書きも書かれてあり、同日は本イベントのライブが開催されていることから「野球をしてはいけません!」は間違いでないことは事実という点も秀逸。そんな『アイドルマスター』愛が溢れる作品だった。

また、同イベントでは今回取り上げたもの以外にも何百もの”のぼり”が場内外に掲示されており、それぞれの担当Pがアイドルのドーム公演出演を祝っていた。今回の合同ライブイベントについては後日ライブレポートも公開予定なのであわせてチェックしてほしい。

ゲーム内オフショットでも野球 / ©窪岡俊之 THE IDOLM@STER™& ©Bandai Namco Entertainment Inc.