『デート・ア・ライブⅤ』窮地を救われた士道、澪に対し浮かんだこととは―第11話先行カット


アイキャッチ画像

毎週水曜日にTOKYO MXほかにて放送中のシリーズ最新作アニメ『デート・ア・ライブV』より、本日6月19日(水)に順次放送、配信が始まる第11話「仮初めの楽園」の先行カットとあらすじが到着。

第11話先行カット&あらすじ

第11話「仮初めの楽園」
DEMによって窮地に陥っていた士道たちは、死んだと思われていた狂三によって救われた。しかし今度はそこに澪が現れる。真士への想いにとらわれる澪を前にした士道は、彼女を救うためにあることを思いついていた。

『デート・ア・ライブV』作品情報

人間の少女の姿をしながらも、人間とは異なる存在――精霊。
強大な能力をもち、隣界から顕現する際に〈空間震〉と呼ばれる災害を発生させる彼女たちは、人類の天敵とさえ呼ばれている。
そんな精霊の脅威に対して人類がとりうる手段は、武力をもって殲滅する、もしくは――
『デートして、デレさせる』!
五河士道は、精霊をデレされてキスをすることで、力を封印できる能力のもち主。
その力で人類を、そして精霊たちを救ってきた彼をめぐって、大きな波乱が迫ろうとしていた。
世界有数の巨大企業にして精霊の力を狙うDEMインダストリーが、士道の命を奪うべく総力をあげて襲い来る。
そして士道の記憶の奥にいた謎の少女がその正体を現し――。
いくつもの思惑が交錯する、過去最大の戦いが始まる。

【原作】橘 公司/原作イラスト:つなこ(株式会社KADOKAWA ファンタジア文庫刊)
【監督】中川 淳
【アニメーション制作】GEEKTOYS
【製作】「デート・ア・ライブⅤ」製作委員会
【CAST】五河士道:島﨑信長/夜刀神十香:井上麻里奈 ほか

©2023 橘公司・つなこ/KADOKAWA/「デート・ア・ライブⅤ」製作委員会 

著者 編集部アニメ情報班