アニメ『ブルーアーカイブ』バイト先爆破で揺れるシロコ達の前に現れたのは―第6話先行カット


アイキャッチ画像

毎週日曜日23時45分より放送中のTVアニメ『ブルーアーカイブ The Animation』について、本日5月12日(日)より順次放送、配信が予定されている第6話のサブタイトル、あらすじと先行カットが到着している。

あらすじ&先行カット

■第6話『ゲヘナ風紀委員会』
シロコ達の前に現れたのは、ゲヘナ学園の風紀委員会。
その目的は、同じ学校の問題児である便利屋68だった。
身柄を引き渡すよう要求されるも、対策委員会はそれを拒否。柴関ラーメンを爆破した便利屋68を、おいそれとは渡せなかった。
有無を言わせぬ雰囲気の風紀委員会を前に、対策委員会と便利屋68が取った行動は――

■放送・配信情報
テレ東系列:毎週日曜23時45分より放送
BS11:毎週月曜24時00分より放送
AT-X:2024年5月17日(金)より放送開始

『ブルーアーカイブ』作品情報

ここが、私たちの居場所だから

数千を超える学校で形成された巨大な学園都市「キヴォトス」。
ここでは銃を手にした生徒たちの諍いが、日常的な風景になっている。その中で、砂に包まれた「アビドス高等学校」は廃校の危機に瀕していた。
状況を脱すべく奮闘する「対策委員会」の5人の生徒が、「先生」と呼ばれる“大人”と出会い、物語は動き始める。

放送:テレ東系列4月7日(日) 23時45分より放送
配信:dアニメストア、U-NEXT、Amazon、PrimeVideo ほかにて配信開始

© NEXON Games / アビドス商店街