2024年春放送のアニメ『無職転生Ⅱ』第2クール、ルーデウス×シルフィが尊いティザービジュアルが公開

アイキャッチ画像

TVアニメ『無職転生Ⅱ ~異世界行ったら本気だす~』について、本年夏に放送された第1クールに続く「第2クール」が2024年4月に放送が予定されている。この度その放送に向けてティザービジュアルが解禁になった。

公開されたビジュアルでは、冬の景色の中、ルーデウスとシルフィが手を繋ぎ幸せそうに歩いている姿が、ふたりの愛の家を想起させる家屋とともに描かれている。

さらに、そんな第2クール放送開始を盛り上げるべく、2024年2月3日(土)には『無職転生』初の単独イベントとなるキャスト陣出演の「『無職転生』スペシャルイベント ~立川行っても本気出す~」の開催が決定。イベントは、内山夕実さん(ルーデウス役)、小原好美さん(ロキシー役)、茅野愛衣さん(シルフィエット役)、鶴岡聡さん(ザノバ役)、逢坂良太さん(クリフ役)のキャスト陣、そしてTVアニメ『無職転生』第1期から主題歌を担当している大原ゆい子さんが出演する。チケットは本日21日正午より受付開始となる。

※以下、第1クールの内容に関する言及があります

今夏放送された第1クールでは、ラノア魔法大学へとやって来たルーデウスと、フィッツという男性として素性を隠し、アリエル王女の護衛として仕えていたシルフィエットが登場。五話から始まった「ラノア魔法大学編」での、ルーデウスと素性を隠しフィッツと名乗っていた幼馴染・シルフィとの、視聴者をやきもきさせる描写や、大学での多彩なキャラクターたちのさまざまなドラマや騒動が大きな反響を呼んだ。

ルーデウスはフィッツがシルフィだと気づかずも、交流するにつれて“フィッツ”に恋心を抱くように。そしてフィッツ=シルフィも、幼い頃から秘めていたルーデウスへの恋心と自身の正体をいよいよ打ち明け、第1クールラストの第十二話で婚約!その展開にファン・視聴者は「号泣した」「最高のラスト」「おめでとう!」など、盛り上がりは最高潮となった。

作品情報

2012年から小説投稿サイト「小説家になろう」で連載が開始されて以来絶大な人気を誇る“なろう系ラノベのパイオニア”『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』。理不尽な孫の手の著による本作は、多くの作品が生み出されている「異世界転生系ラノベ」「なろう系小説」のまさに先駆者的作品であり、幅広いファンを獲得している当ジャンルの代表作。働きもせず他人と関わりもせず、ただ部屋に引きこもってゲームやネットに明け暮れるだけの34歳のニート男が、ある日交通事故に遭い死亡…したと思った次の瞬間、剣と魔法の異世界に生まれたばかりの赤ん坊として転生!少年ルーデウスとして生まれ変わった男が、前世の記憶と後悔を糧に、出会いや試練に直面しながら「今度こそ本気で生きていく」姿と壮大な冒険が描かれる大河ファンタジー。

【原作】理不尽な孫の手(MFブックス/KADOKAWA刊)

©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生Ⅱ」製作委員会