秋アニメ『薬屋のひとりごと』OPは緑黄色社会が担当、追加キャスト多数発表ほか新情報解禁〈コメントあり〉

アイキャッチ画像

10月21日(土)より毎週土曜日25時から日本テレビ系列にて放送が始まるアニメ『薬屋のひとりごと』について、1日に開催された同作の先行上映イベントにて新情報が多数解禁となった。

イベントでは最新PVが放映され、主題回情報としてオープニング主題歌が緑黄色社会による「花になって」に、エンディング主題歌がアイナ・ジ・エンド「アイコトバ」であることが明らかとなった。また、追加キャスト情報も多数解禁となり、小西克幸、種﨑敦美、石川由依、甲斐田裕子らの出演も発表された。

本作は後宮を舞台に「毒見役」の少女が様々な難事件を解決する、シリーズ累計2400万部突破の後宮謎解きエンタテインメント『薬屋のひとりごと』(著者:日向夏・イラスト:しのとうこ/ヒーロー文庫/イマジカインフォス刊)を原作とするTVアニメシリーズ。『魔法使いの嫁』『劇場版 弱虫ペダル(2015)』なども歴任した長沼範裕氏が監督を務め、TOHO animation STUDIOとOLMがタッグを組みアニメーション制作を、大塚剛央と悠木碧がメインキャストを担当している。

追加キャスト情報

小西克幸(高順(ガオシュン)役)
皆さんこんにちは、今回、高順役を担当させて頂くとこになりました、小西です。
PVがもう素敵すぎて、今から放送が楽しみですね!音と色がついた薬屋の世界を皆様にも楽しんで頂けたら幸いです。
ぜひご覧ください!そして原作もよろしくお願いします!

種﨑敦美(玉葉妃(ギョクヨウヒ)役)
薬屋こと猫猫のひとりごとならずっと聞いていられる…と思うほど、グイグイ引き込まれるストーリー。
そして華やかで本当に美しいアニメーション。さらに「各話ごとに見せ方を変えている」という監督のお言葉が忘れられません。
一体どういうことなのでしょう。自分も早くそれを確かめたいです。それらすべてに是非、ご期待くださいませ…!!

石川由依(梨花(リファ)役)
梨花妃役を演じさせていただきます、石川由依です。オーディションのお話をいただく前から好きで読んでいたので、
この世界に生きる一人になれることがすごく嬉しいです。美しくあること、世継ぎを産むこと、恨み嫉みなど…煌びやかな後宮だからこその、
その裏に潜むドロっとした世界が、きっと鮮やかに艶やかに描かれます。お楽しみに。

木野日菜(里樹(リーシュ)妃役)
薬屋のひとりごとに出演させて頂き本当に嬉しいです…!
里樹妃の幼いながらも負けじと頑張る姿を演じさせて頂きました。
たくさんの魅力あふれるキャラクター達や世界観。そして美しい映像にどっぷりと浸って楽しんで頂けると嬉しいです。
放送まで是非お楽しみに…!

甲斐田裕子(阿多妃(アードゥ)役)
原作楽しくて一気見しました!
収録では阿多妃の凛とした佇まい、優しさや品を表現できるよう努めました。
完成を楽しみにしています。

潘めぐみ(梅梅(メイメイ)役)
『薬屋のひとりごと』待望のアニメ化ですね。初めてプロジェクトPVが解禁されてからというもの、
色鮮やかで美しいアニメーションによって描かれる、この世界を楽しみにしておりました。
可愛い猫猫を、白鈴、女華、やりて婆と共に、梅梅も存分に愛でて参りたいと思います。
時に姉のように、時に母性で包んで、見守って…。

小清水亜美(白鈴役)
白鈴は大輪の花のような美しさと心の豪快さを持っている魅惑的な人。
メインを邪魔しないけれど見た方が気を引かれるような存在として演じようと思いました。
作品自体の持つ特別な空気感を堪能していただけたら嬉しいです!

七海ひろき(女華(ジョカ)役)
どんな事件も薬の知識でサラッと解決していく猫猫が痛快で、とても魅力的です。
そんな猫猫が、可愛くて仕方がない女華。
あまり表情に出さないけれど妹みたいに大切に思っていることが、伝わるようにと思い演じました。
緑青館の三姫の中でクールな才女として、華やかに色を添えられたら嬉しいです。

久野美咲(小蘭(シャオラン)役)
小蘭を演じられて、とってもとっても嬉しいです!小蘭は、農家出身のおてんば娘で、頑張り屋さんな女の子です。
猫猫と仲良しで、いつも色々な噂話を猫猫にお話します(笑)。飾らない、屈託のない彼女の笑顔を表現できたらと、
マイクの前で私もオープンな気持ちでお芝居させていただきました。私自身もオンエアが楽しみで仕方ありません!
一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです♪

TVアニメ『薬屋のひとりごと』作品情報

後宮を舞台に「毒見役」の少女が、宮中で起こる様々な難事件を次々に解決する、
シリーズ累計2400万部突破の大人気後宮謎解きエンタテインメントが待望のアニメ化!

大陸の中央に位置するとある大国。その国の帝の妃たちが住む後宮に一人の娘がいた。名前は、猫猫(マオマオ)。
花街で薬師をやっていたが、現在は後宮で下働き中である。
ある日、帝の御子たちが皆短命であることを知る。
今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っているという話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。
呪いなどあるわけないと言わんばかりに。美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。
人間には興味がないが、毒と薬への執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。
壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。
稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。

【原作】日向夏(ヒーロー文庫/イマジカインフォス刊)
【アニメーション制作】TOHO animation STUDIO×OLM
【放送】10月21日(土)25:05〜日本テレビにて初回3話一挙放送

©日向夏・イマジカインフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会