オリジナルアニメ『夜のクラゲは泳げない』2024年放送―動画工房が贈る青春群像劇


アイキャッチ画像

動画工房が制作を手掛けるオリジナルTVアニメ『夜のクラゲは泳げない』について、2024年にTV放送されることが決定した。本作は渋谷を舞台に繰り広げられる”創作に触れる少女たちの青春群像劇”とのキャッチコピーにて発表された。

【AnimeJapan記事一覧】アニメのすべてが、ここにある―新作アニメ情報からキャストイベントまでチェック

[GDC_row]
[GDC_column size=”half”]

制作スタッフは「エ​ロマンガ先生」監督の竹下良平氏、「弱キャラ友崎くん」原作の屋久ユウキ氏らが手がけ、動画工房がアニメーション制作を担当する。キャラクター原案はpopman3580氏、キャラクターデザインは谷口淳一郎氏が担当。

[/GDC_column]
[GDC_column size=”half”]

[/GDC_column]
[/GDC_row]

ティザービジュアルは渋谷の街を漂う少女たちの写真のようで、フィルムカメラのノスタルジックな雰囲気が感じられる。さらにYouTubeにてティザーPVも公開されており、2人の少女の葛藤が描かれ作品のテーマが伝わってくるものとなっている。

なお、本日25日に開催の「AnimeJapan 2023」で監督の竹下良平氏、脚本の屋久ユウキ氏が登壇するトークイベントの開催も決定。KING AMUSEMENT CREATIVEブースにて25日12時10分より開催予定で、入場整理券の配布を予定している。

『夜のクラゲは泳げない』トークイベント
ブース:KING AMUSEMENT CREATIVEブース
イベント開催日時:3月25日(土)12:10~12:30
登壇者:竹下良平(監督)、屋久ユウキ(脚本) ほか
※配布詳細は「AnimeJapan 2023 KING AMUSEMENT CREATIVE特設サイト」を✓

【イントロダクション】
“自分の好きを見つけたい”

アイデンティティに溢れる街、渋谷。
夜の渋谷を、プカプカと漂っては何者にもなれずにいる少女は、
ひとつの特別な出会いをきっかけに変わり始める。

創立50周年を迎えた動画工房が贈る、
「エロマンガ先生」監督・竹下良平 ×「弱キャラ友崎くん」原作・屋久ユウキによる青春群像劇。

はじめて創作に触れる少女たちの、匿名クリエイティブ活動が始まる―――

【スタッフ】
原作:JELEE
監督:竹下良平
シリーズ構成・脚本:屋久ユウキ
キャラクター原案:popman3580
キャラクターデザイン:谷口淳一郎
アニメーション制作:動画工房