国内2大VTuber事務所が「誹謗中傷行為の根絶」に向け連携 共同声明を発表

アイキャッチ画像

バーチャルYouTuberプロダクション「にじさんじ」を運営する株式会社ANYCOLORと同じく「ホロライブ」を運営するバー株式会社は、所属ライバー・所属タレントに対する誹謗中傷行為等の根絶に向け、今後の各種対策を連携して行っていくことを共同声明にて明らかにした。

【バーチャルYouTuber・VOCALOID関連ニュースを見る】

両社は「多くのファンに温かい声援をもらい大きな喜びを感じているとともに、一部によるVTuber活動を不当に妨害する意図をもった誹謗中傷行為等が存在することも事実であり、誠に遺憾」と現状を説明。

[GDC_row]
[GDC_column size=”half”]

具体的には両社間にて以下のような取り組みを連携して行うという。

  • 所属バーチャルライバー/所属タレントに対する名誉毀損行為、プライバシー権の侵害行為、「荒らし」行為等の営業権の侵害行為、殺害予告・ストーカー行為等の攻撃的行為に対して、その対策の実行にあたってのノウハウの共有
  • 法的措置を含めた各種対策の連携、警察諸機関と両社との連携体制の構築等(両社の所属バーチャルライバー/所属タレントを被害者とする事案)

[/GDC_column]
[GDC_column size=”half”]

[/GDC_column]
[/GDC_row]

誹謗中傷を巡っては昨今複数のVTuberタレントの活動休止や引退が相次いでおり、共同声明では「匿名のもと気軽に行われている現状がある中で、所属バーチャルライバー/所属タレントの心を傷つけ、その活動が困難な状態に陥らせ、ひいては彼ら/彼女らの人生をも狂わせてしまうことがございます」と現状を重く受け止めていることが伺える。

【PDFにご注意ください】共同声明文全文

【PDF注意】共同声明文