12.5万人が来場!「池袋ハロウィンコスプレフェス2022」開催レポートが到着

12.5万人が来場!「池袋ハロウィンコスプレフェス2022」開催レポートが到着

12.5万人が来場!「池袋ハロウィンコスプレフェス2022」開催レポートが到着

池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会主催の大規模コスプレイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2022」(池ハロ2022)が10月29日・30日に池袋東口エリアにて開催された。2日間で延べ12.5万人が来場したとのこと。イベントの開催報告と写真が到着したのでご紹介する。

「池ハロ2022」とは、ニコニコ・株式会社アニメイト・株式会社ハコスタが共同でハロウィンに合わせて開催する9年目となるコスプレイベント。2020年・2021年は開催を中止したり、会場や来場人数を制限したりといった困難を経て、今回は3年ぶりに街頭パレードを再開するなど様々な制限を緩和して実施。

幅広い層が参加

会場では2019年以前の賑わいを取り戻すように多くの参加者がイベントを楽しんだ。開催地である豊島区も「池ハロ」を推進しており、オープニングセレモニーには豊島区・高際みゆき副区長が人気キャラクターのコスプレをしていたという。

メインステージでは、参加者が自慢のコスプレをランウェイで披露できる「ニコニココスプレクション」、親子でステージに立てる「親子でハロウィン」、コスプレイヤーによる腕相撲大会など、幅広い層がハロウィンを楽しめる様々な企画が催された。

最新機種のカメラとレンズを借りて写真撮影ができる「ガチ撮影エリア」では、人気コスプレイヤー6名が被写体モデルとして登場し、多くの参加者が本格的なコスプレ撮影を体験出来ていた。2日目に行われた「池ハロコスプレパレード」では、歩行者優先道路となったサンシャイン通りからHareza池袋前を200名超のコスプレイヤーが練り歩き、沿道には大勢のギャラリーが集まり、手を振ったり撮影を楽しんだりしていた。

また、コスプレ界の新しい才能を発掘するオンラインコンテスト「Cosplayer Of The Year 2023」の最終審査も行われ、全10部門の各グランプリと総合グランプリが決定した。

池袋ハロウィンコスプレフェス2022 Powered by dwango
開催日時:2022 年10月29日(土)・30日(日) 10:00~18:00
主催:池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会
共催:豊島区 / 豊島区商店街連合会 / 一般社団法人豊島区観光協会 / サンシャインシティ
後援:東京商工会議所豊島支部
運営制作:株式会社アニメイト / 株式会社ドワンゴ / 株式会社ハコスタ
協賛:キヤノンマーケティングジャパン株式会社 / 沖縄県 うるま市 / Level Infinite / Apex Legends™
出展:株式会社GENDA GiGO Entertainment
協力:acosta! / COSPLAY MODE / 世界コスプレサミット / Curecos / ニコニコ / ハレスタ / VANTAN

           

イベントカテゴリの最新記事