30年前の今日放送…オルタナティブ作品『機動武闘伝Gガンダム』新規外伝シナリオ制作決定 記念日イラストもお披露目


アイキャッチ画像

1994年4月22日より全49話にて放送されたTVアニメ『機動武闘伝 G ガンダム』が本日をもって放送開始30周年の節目を迎えた。これを記念して、同作のお祝いイラストが新たに解禁となったほか、今川泰宏総監督による新規外伝シナリオの制作も発表された。

『機動武闘伝 G ガンダム』とは宇宙世紀という一続きの世界を描いた従来の『ガンダム』とは異なる世界戦で展開された、シリーズ初となるオルタナティブ作品。同作が放送30周年を迎える今年、新たに周年企画「ガンダム GWX30 周年プロジェクト」が予告されており、この度“外伝シナリオ発表”という形で第一弾の企画が始まった。

外伝シナリオは、2024年夏にGガンダム公式サイトで公開される予定で、本編のサイドストーリーや本編のその後の物語を『機動武闘伝 G ガンダム』公式サイトへの掲艄を予定している。特徴的なヘアスタイルのキャラクターも登場するとのこと。

また、シナリオ公開に先んじて、アニメーターの澤真平さんによるお祝いイラストも公開に。劇中でも幾度となく印象的なシーンで描かれてきた朝焼けの中、晴れやかな表情のドモン、レイン、マスター・アジア、チボデー、サイシー、ジョルジュ、アルゴ、シュバルツ、アレンビー、ゴッドガンダムが描かれている。

今川泰宏監督は、今回の企画について「東方不敗は遥かに滅び………やり残したこと、知らんぷりした事………それらが頭の中で30年、暴れたくてもリン グが無くて、ふて寝をする間に丸々太り、俺のこの手が真っ赤に燃えて、ついに壁を殴り破って外の世界へ!果たして誰のどんなファイトが始まるのやら?ゴングが鳴るまでもうしばし!」とコメントしている。

『機動武闘伝Gガンダム』作品情報

1994年4月22日に放送を開始し、ガンダムシリーズでありながら宇宙世紀以外の世界を舞台に描かれる、オルタナティブシリーズの先駆けとなった。

(あらすじ)地球の主導権を自らの国に勝ち取るため、4年に一度コロニー国家代表のガンダム同士が激闘を繰り広げる「ガンダムファイト」。ネオジャパンの代表として、第13回目のガンダムファイトに参加したドモン・カッシュは、手強いライバルたちと拳を交えながら友情と信頼の絆を深め、人類の敵であるデビルガンダムに立ち向かってゆく……。

機動武闘伝Gガンダム 石破天驚 Blu-ray Box 第壱巻(特装限定版)

機動武闘伝Gガンダム 石破天驚 Blu-ray Box 第壱巻(特装限定版)

関 智一
29,948円(05/27 09:35時点)
※プロモーションを含みます

【機動武闘伝Gガンダム 石破天驚 Blu-ray BOX 発売中】
2016年9月に期間限定生産版にて発売された、Blu-ray BOXが30周年を記念し、同仕様の特装限定版となって好評発売中。

Ⓒ創通・サンライズ