アニメ『七つの大罪 黙示録の四騎士』四騎士ら新キャラクターが続々登場!王国での新たな物語が幕を開ける

アイキャッチ画像

2023年10月よりTBSほかにて放送中のアニメ『七つの大罪 黙示録の四騎士』について、2月4日(日)17時より最新話の放送、配信が順次開始。第16話「シンとの別れ」では数々の困難を乗り越えてきたパーシバルたちが、遂に目的地となるリオネス王国へと辿り着くストーリーが描かれている。

今後はじまる王国での新たな物語に向けて、この度メインビジュアル第2弾が公開。公開されたビジュアルには、主人公のパーシバルに加え、今後、彼が出会うことになる新キャラクターが描かれていおり、リオネス国王・メリオダスをはじめ、〈黙示録の四騎士〉として登場するランスロット、トリスタン、ガウェインの姿も。また、今後の物語がいち早く楽しめる本PV第2弾も解禁に。

公開された映像中には新キャラクターの面々もうかがえる内容になっており、これをもって各キャラを担当するキャスト陣も解禁。これまでキツネの姿に化け、パーシバル達を王国へと導いてきたランスロット役として、内山昂輝が再び登場する。そして、リオネス王国の心優しき王子・トリスタン役に村瀬歩、謎に包まれた少女・ガウェイン役にファイルーズあいがそれぞれ抜擢された。キャストからは就任コメントも到着している。

新キャラクター情報・キャストコメント

ランスロット(CV:内山昂輝)
ベンウィックのバン王とエレイン王妃の息子であり、<黙示録の四騎士>の一人。シンに化けてパーシバル達をリオネス王国に導く役目を果たしていた。自在に姿を変えられる弓の名手!!

ランスロット(CV:内山昂輝)

ランスロットの声を担当している内山昂輝です、とやっと言えるようになりました!そして、このタイミングで<黙示録の四騎士>が勢揃いし、ここから物語はさらに盛り上がっていきます。アフレコが始まる際、シンとランスロットを演じ分けるかどうかなどスタッフの方々と話し合ったのですが、あまり変えずにいこうということになりました。真の姿を現したランスロットの強さにこれからも注目してください!

トリスタン(CV:村瀬歩)
リオネス王国のメリオダス王とエリザベス王妃の息子であり、<黙示録の四騎士>の一人。心優しき王子だが、間違っていることを仲間に進言できる強さも兼ね備えている。瞳に聖と魔を宿す好青年!!

トリスタン(CV:村瀬歩)

トリスタンがいよいよ登場します!
『怨嗟のエジンバラ』ではポテンシャルはあるもののまだあどけない表情や頼りなさが強く出ていましたが、『黙示録の四騎士』では凛々しく王子として着実に成長している姿がきっと見られるはずです(笑)
アフレコもフレッシュな後輩たちと共に一生懸命頑張っておりますので是非2クール目も楽しみにお待ちください!

ガウェイン(CV:ファイルーズあい)
<黙示録の四騎士>の一人で謎に包まれた少女。性格は傲岸不遜で強大な敵を前にしても一歩も引かない強い意志を持つ!!

ガウェイン(CV:ファイルーズあい)

ガウェインは、初登場時の言動や見た目のインパクトから、次に何をしでかすか分からない危うさがとても魅力的なキャラクターだと思いました。
常に自分のペースを崩さず、周りが自分に合わせるのが当たり前と言う帝王のようなスタンスがとてもユニークで、かと思えばこんな表情も…!?といった二面性もある子です!
ガウェインとしてお芝居をするのが楽しくて仕方なかったです!ぜひお楽しみに!

七つの大罪 黙示録の四騎士』作品情報

果てなき世界へ 大いなる運命へ 飛び込め―
“神の指”と呼ばれる辺境の地で祖父と暮らす、優しき少年・パーシバル。
しかし、世界はその安寧を許すことはなかった。
ある謎の騎士・イロンシッドとの出会いが彼らの運命を変え、明らかになる驚愕の秘密。
少年は果て無き旅路へと足を踏み出す。
『七つの大罪』を知っていても、知らなくても楽しめる!!
全世界待望の痛快冒険ファンタジー!!

【原作】鈴木央 「黙示録の四騎士」(講談社「週刊少年マガジン」連載)
【アニメーション制作】テレコム・アニメーションフィルム
【放送】TBS系全国28局ネットにて2023年10月8日から毎週日曜午後4時30分 連続2クールで放送開始
【配信】10月8日からNetflixにて一週間先行独占配信スタート

©鈴木央・講談社/「七つの大罪 黙示録の四騎士」製作委員会